FC2ブログ

瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

紅天女と九想の滝

kurenai.jpg

(新作能) 紅天女
2017年12月25日(月) 14時開演
京都観世会館
美内すずえさんのプレトークあり。

九想の滝と林鷲寺1

2018年から月イチでお謡いのお稽古をはじめることになりました。
先生は観世流梅若六郎家・能楽師 井上和幸先生です。
(井上先生は12/25紅天女にもご出演)

お能の世界に入っていくことになるとは
まったく思いもよらなかったんですが、
触れてみると、とても奥深い世界だったんだと気付かされました。
その響きは自分が発する音で、自分を取り巻く空間エネルギーの質感を
すっかり変えてしまうことができるんですよね。

井上先生の周りにいると、とても心地よいです。
お稽古されている方も、そうなっています。
私も一緒に体得していきたいと思いました。

そんなこんなで、ご縁を下さったお謡のお姉様方を
六甲山系のイワクラ巡りにご案内いたしました。

久しぶりに訪れた、甲山神呪寺の八十八か所磐座と
九想の滝でした。

九想の滝と林鷲寺2

九想の滝の「九想」とは・・・?

最近公開された「神の数学」梅村一彦先生の
九進法の循環数学・立体循環配列にも、その答えがあります。

神の数学と金剛界曼荼羅

1 2 3 4 5 6 7 8 9=0

私たちは魂の成長段階を経て(1~8)
色即是空・空即是色(9=0) を悟る。

九想の滝は、
胎蔵界と金剛界の悟り世界の修行の場ということ。

9=0の悟り世界を、眞井御前と空海は
ホツマツタヱの「あめなるみち」をもって
伝えていたということなのかな。

ちなみに神呪寺の甲山八十八ケ所磐座巡りの
カタカムナ的・数霊解釈を、私も試みたことがあります。

ご興味のある方は、こちらもご覧ください。↓
春の六甲イワクラツアー with 平津豊  甲山八十八ケ所磐座巡り編

九想の滝と林鷲寺3

カタカムナ的な数霊解釈で
磐座配置や祭祀場設置の意味を見出すことができます。

吉野信子先生も保久良神社の磐座群配置を
カタカムナで見事に読み解いていらっしゃいます。


カタカムナの数霊も言霊も
ホツマツタヱの縄文哲学も

私はどちらも大切な
古代日本の至宝だと思っています。

九想の滝と林鷲寺4

こちらは鷲林寺。


古代から伝えられている叡智の実践を、
私はこれからお謡でもやってみようと思います。

この世界全体に響かせて
自身の心の御柱から渦を創って発信していく。

私たちは、面白い時代に生きています。


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2017/12/14(木) 10:10:58|
  2. 能楽・女神庵