FC2ブログ

瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

姫路~千姫の足跡をたずねて~ 4 水尾神社

水尾神社1

12/29(金) 姫路の町を探索してきました。
日頃から仲良くしてくださっている
姫路77 ニコニコゆるゆるカタカムナ♬のメーメーさんにご案内していたただき
いままで知らなかった姫路の素敵なところをたくさん発見することができました。

ひとつ前の記事(姫路~千姫の足跡をたずねて~ 3 日蓮宗紫雲閣と真言宗不動院)
そこに書いた真言密教の両部神道と
播磨陰陽師の仕掛けに圧倒されつつ
六甲山や各地の修験道の山々との関連までも示唆されて
姫路の「日に向かう巫女の道」は
何重もの「秘め」に包まれている
渦の中に飛び込んでいく旅であると・・・そう、実感させられていました。

きっと、メーメーさんも、同じ気持ち。

彼女のもとにやって来ている数々のサインは
とても消化しきれないくらいに凄まじいですネ。

なんたって、ここに居るんだから。。。 (^-^;

一緒に楽しみながら歩いていけたらいいなと、そう思うばかりです。

--------------

さて、次にたどり着いたのは、水尾神社です。

水尾神社5

水尾神社と言えば、、、

ホツマツタヱ文献が50年前に発見された、
高島市拝戸(はいど)にある神社も水尾神社でした。

高島の水尾神社は、
私と家族にとても深いかかわりを感じることができた神社でした。

ここも同じ名前の神社。

なにか関わりがあるのかな?と思いつつ参拝しましたが
その関連は今はまだ見えません。

主祭神は、大己貴命・伊和大神

こちらの祭神に関しては、上
森三郎さんのブログとの関連が大きいのでしょうね。

摂社に、市杵島姫社・荒神社・大将軍社・武大神

播磨国総社の元宮といわれているそうです。
そうなると、思いのほか、歴史は古いのかもしれませんね。

水尾神社2

御神木の根っこの部分がとても気になります。

半分土中に埋まった、「ウロボロスの蛇」みたいに見えませんか?
輪っかになっているように見えます。
水引のような、蝶結びのような、輪っかにも見えます。

「結」=出雲大社でもあります。

やはり、大己貴命なんですね♪

水尾は、いろいろな意味があるように思います。

水尾= 巳緒・水脈・美桜・実桜・深央・美織・美音

みんな、ミオの響きで生まれるコトバです。

水脈が一番、それらしいのかな・・・と
今の時点では感じています。

水は永遠循環を繰り返して
地球の大地を育み
私たち地球の生命体を育ててくれます。

水こそ愛なのです。

高島の水尾神社周辺も、綺麗な水の宝庫でした。
自然との関わりに、共通するものを感じられます。

水尾神社3

八咫鏡と8つのコーン。

水尾神社4

また来たる 最高の34 (御世)  ・・・姫路から

・・・なんて詠んでみました♪ (^O^)



テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2017/12/30(土) 18:46:48|
  2. 神社仏閣めぐり(兵庫)