瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

若人の森の御嶽

改祖記念碑周辺2

奥武山には、琉球八社・沖宮と、
沖縄県護国神社が鎮座していました。

そのふたつの社のあいだに、小路を見つけたので
登ってみることにしました。

改祖記念碑周辺3

樹木で生い茂る、御嶽を見つけました。

ネットでここを紹介している人は少ないのかな?
調べても、あまり情報が出てきませんね。

改祖記念碑周辺4

琉球神道では、神がいる他界概念として
「ニライカナイ」「オボツカグラ」が伝えられています。

「ニライカナイ」は海の彼方、あるいは地底。
豊穣と命の根源となる異界。
ニライカナイ信仰は東方信仰と混交。
東方にあると考えられるようになった。

「オボツカグラ」は天空にあると考えられる異界。
国頭地方の信仰。
琉球王国時代に喧伝され宗教支配の為の権威付。

西方は魔界があるとされている。

改祖記念碑周辺5

ここの御嶽の碑文を見ていると、
「ニライカナイ」と結びついている場所らしいと、なんとなくわかります。

沖宮では、女神がたくさん祀られていたけれど・・・

ここは最奥の神聖な御嶽。
奥宮にあたるところなのかも?

東王父と呼ばれる、=トヨケさま ではないでしょうか?

あるいは、沖縄開拓に関するウエツフミの記述 に関連する神様かもしれません。

今回のホツマ×琉球講演会では、いときょう先生から
「ウエツフミにおける紀元前琉球開拓の神話」を教えて頂きました。

その後、ネットで検索したら、同じテーマの
琉球開拓史に書かれているサイトさんが出てきました。

こちらの記述も少しずつ拝見しています。とてもタメになります。
(ウエツフミとウガヤフキアエズ王朝の研究
----大分に実在した古代国家----https://ugaya.jimdo.com/
 より)

原文はちらのサイトで紹介されています。
ウエツフミ「琉球の開拓」

そんな開拓使に関わる神様なのかもしれません。

まだ詳しく知らないのですが
「ニライカナイ」が少しずつ見えてきた気がします。

改祖記念碑周辺6

さらに登っていくと
木々に覆われた山頂にも祀られている神様が。。。

改祖記念碑周辺7

こちらが祭政一致の、政を司る
男神の天照大神なのでは・・・!?

改祖記念碑周辺8

沖宮の、さらに眺めの良い場所に祭らられていますから
そんなふうに感じられました。

改祖記念碑周辺9

若人(わこうど)の森。

若人=ワカヒトさまなのではないでしょうか。

改祖記念碑周辺10

勝手なことを書いてますが、

またじっくりと検証してみたいところです。

改祖記念碑周辺11

モノ言わぬ翁様。教えてください~。 

ここは改祖開拓の地なのです。

沖宮からも、護国神社からも、
どちらからも、拝むと
ここを拝する位置関係となっています。

大事な場所の輪ようです。

とても清々しい場所でした。



テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2018/02/13(火) 08:36:39|
  2. 神社仏閣めぐり(沖縄)