FC2ブログ

瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

首里城公園

首里城1

2/9 奥武山を散歩してゆいレールに乗り
終点の首里駅までやってきました。

ここまで来たら、やっぱり「首里城公園」に行くしかないよね! (^O^)

沖縄の観光では、みんなが一度は、訪れる場所なのでしょうね。
平日の午後なのに、たくさんの人で溢れていましたよ。

最初に守礼門の写真↑を出してしまいましたが、
実は最後に潜り抜けていました。

入り口がよくわからなくて
真逆のルートで公園内を散歩したようです。

首里城3

さっきの、国王頌徳碑 (かたのはなの碑)のあった場所、
そこにまず立ち寄ってから、
首里城公園の散策をスタートしました。

「東のアザナ」と呼ばれている外郭沿いを歩いて登って行きました。

正殿の真後ろから降りていくかたちになります。

一般的な観光ルートとは、ちょっと違っていたみたいです。(^_^;)

良かったのだろうか。。。

まぁいいや。。。

首里城4

物見台に近いところからの眺めです。

ここは、ほとんど人がいない・・・絶景でしたよ。

次回来るときも、ここから沖縄の海を眺めたいです。

首里城2

少し下っていくと、久慶門というところにたどり着きました。

首里城外郭の北側に位置していて
かつては通用門として、主に女性が使用していたそうです。

石造の門で、木造瓦葺の櫓があります。
立派ですよね。

ここの前で写真を撮ってるのは女性が多かったです。
なにか縁があって、導かれてきているのかな・・・なんて思いました。

首里城5

外側を眺めているだけで満足してしまい
首里城の中には入っていません。

ひとりで行ったせいかな。
周囲は賑やかなんですけど、私自身はあまり楽しくないんです。
なんだか敷居が高いような気もしてしまいました。

御縁があれば、また訪れてみたいと思います。

首里城6

大きな木と出会いました。(^O^)

アカギという名の木みたいです。

ガジュマルと似ているけれど、幹が赤いからアカギなのかな?

首里城7

説明書きにはこのように書かれています。

「歴史を語るアカギの大木」

このアカギはトウダイグサ科の常緑広葉樹で、
戦前まで約1mもの太い枝を首里城の城壁まで伸ばし
道行く人々に涼しい木陰を提供していましたが、
去る沖縄戦によって焼かれてしまい、枯れた幹だけが残りました。
戦後、その幹も台風で途中から折れてしまいましたが、
その後アコウ(クワ科)が寄生し、昔の面影をとどめています。


首里城8

弁財天堂と円鑑池。

首里城9

龍潭。

首里城10

水を湛える場所にお城やお宮は造られます。
外郭も水のルートと言えるのかもしれません。

大戦中はこの近辺が軍部の指令中枢だったようです。

いろいろ知っていくと、重々しい気持ちにもなりますが
命を支える水のあるところに龍も大事に奉られていて
祈りを捧げられてきたんだな・・・と、
その意味深さには心を打たれました。

首里城11

首里城12

那覇についてから、ずーっと歩き詰めだったので、だいぶ疲れていました。

しばし、時の流れるのを忘れて、ここに腰を下ろして
水鳥や鴨、白鷺が舞ったりしているのを眺めていると
見ているだけで癒されました。

いまはちょうど良い時期なんでしょうね。

夏になると、そんなことも言ってられなくなるんたろうなぁ。。。

首里城14

首里杜館 (首里城公園レストセンター)

ここで遅めのお昼ご飯を食べました。
15時半頃だったので、お店はガラガラでした。


「サクナ(長命草(R))そば」
ヘルシーな首里城オリジナルの麺ですって。

ほうれん草や小松菜のような葉物野菜なのかな?
綺麗なグリーンでクセが無くとても食べやすい麺でした。
沖縄っぽくない麺(蕎麦?)です。

首里城15

2/9 那覇に降り立ってから、
奥武山周辺を歩き、(沖宮・護国神社・世持神社)
首里まで来て公園内をまた歩き、
ちょっとクタクタになりました。。。

心は充実感に包まれています。

さぁ、明日は ホツマ×琉球 のいときょう先生の講演会です。
楽しむぞ~ (^O^) 

ということで、首里を離れました。

首里城16


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2018/02/15(木) 15:12:20|
  2. 古墳・遺跡・史跡(沖縄)