FC2ブログ

瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

月代宮 佐敷城(さしきぐすく) 1 

月代宮

2/10のいときょう先生のホツマ×琉球講演会では
今まで知らなかったことに沢山触れられた、有意義な会でした。
参加されている皆様も、沖縄ゆかりの方たちばかり。
私も、自分ではまだ知らないだけで、きっとなにか深いつながりがある。
そう実感させられました。

次の日 2/11は、聖地ツアーに参加しました。

沖縄県南城市の
月代宮 佐敷城(さしきぐすく)へとやってきました。

那覇方面とはまた違った風を感じられる場所へやってきました。 

月代宮1

グスクの入り口です。

月代宮2

石の祠の後ろには、大きな樹木が育っていました。

月代宮3

宇佐・・・宇佐・・・と書いてあるけれど、
正確には読み取れず。。。

「宇佐 月代宮」 で検索してみると

沖縄年鑑 (沖縄タイムス社, 1978)

が出てきて、次のような記述がありました。

357 ページ

総人口九、ニニ九人(一九七七年十一月一日現在男四、五三五人、女四、六 0 六人)、
人口密度八八九人、世帯数二、一 0 八【村の人車】役場所在地—佐敷村宇佐敷五六
番地 V 村長,山城時正、助役,宮城繁、収入役宮城福光、教育長,崎山喜禄、総務課長,
... 落(尚巴志旧居城跡)、佐敷ゆうどれ、ハマ【名所旧^】佐銘川御殿、つきしろの官例祭【
主な年中行事】村文化まつり、月代宮【主要生産物】砂糖きび、野菜、畜産、八、七二三
二、予備費三〇、五四四、歳入合計八九復旧費六、公战费三二、四五七、諸支出金五、
〇〇 ...
 


このあたり一帯は
「佐敷村宇佐敷」と呼ばれる地域みたいですね。

久高島とも近いですし
宇佐との交流は頻繁だったのでは?

琉球王朝誕生、それ以前からも
八幡神との関わりは強く意識されてきたのかな・・・なんて思いました。

月代宮4

周辺には、尚巴志に関する文化財が散在しているようです。

月代宮5

これから奥へと入っていきます。

楽しみです。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2018/02/15(木) 17:18:28|
  2. 神社仏閣めぐり(沖縄)