FC2ブログ

瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

わたつみ

わたつみ(地)web


ちはやぶる 鐘の岬を 過ぎぬとも 我れは忘れじ 志賀の皇神

ちはやぶる かねのみさきを すぎぬとも われはわすれじ しかのすめかみ

『万葉集』 巻7 1230番

わたつみ(天)web

君が代は 千代に八千代に さざれいしの いわおとなりてこけのむすまで
あれはや あれこそは 我君のみふねかや うつろうがせ身骸に命 千歳という
花こそ 咲いたる 沖の御津の汐早にはえたらむ釣尾にくわざらむ 鯛は沖のむれんだいほや


志賀の浜 長きを見れば 幾世経らなむ 香椎路に向いたるあの吹上の浜 千代に八千代まで
今宵夜半につき給う 御船こそ たが御船ありけるよ あれはや あれこそは 阿曇の君のめし給う 御船になりけるよ
いるかよ いるか 汐早のいるか 磯良が崎に 鯛釣るおきな


山誉祭  神楽歌


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2018/02/25(日) 22:37:59|
  2. イラスト