FC2ブログ

瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

『邪馬台国ラプソディ』 聖地巡礼 13 大御神社

315大御神社1

2018/3/14(水)~3/20(火)に旅してきた
小説『邪馬台国ラプソディ』 の聖地巡礼レポートです。

邪馬台国2

------------------

3/15(木) 日向のお伊勢さま
大御神社(おおみじんじゃ)へ参拝いたしました。

315大御神社2

玉砂利の参道が続いています。
まさにお伊勢さまです。

清々しい風が吹いていました。
ここは日向のお伊勢さまです。

315大御神社3

ココだけ見ていても、
風光明媚な海辺の神社で素敵♪
などと思っていたのですが

さらに奥へ行くと、
衝撃的な出会いがありました。 \( 'ω')/

315大御神社4

それを語る前に、御由緒などを記しておきます。

御祭神 天照大御神

大御神社は、皇祖天照大御神を御祭神とする古社で、
創建の年月は詳らかではないが
当社に伝わる「神明記」その他の古文書によれば、
往古天照大御神 日向の国高千穂に皇孫瓊瓊杵尊を天降し給うた節、
尊は当地を御通過遊ばされ、千畳敷の磐石にて
これより絶景の大海原を眺望され、
皇祖天照大御神をお祭りして平安を祈念されたと伝えられ、
後世此の御殿の霊石の在りし所に一宇を建て
皇大御神を勧請し村中の鎮守を崇敬し奉ると言う。

また神武天皇御東征の砌、
大鯨を退治された御鉾を建てられたことから、
鉾島が細島に転じたと伝えられているが
天皇はこの時伊勢ケ浜(脇の浜)から港に入られ、
皇大御神を奉斎する御殿(現在の大御神社)に武運長久と
航海安全を御祈願されたと伝えられ、
大御神社の西に横たわる櫛の山(槵の山)と
東に奮起する米の山(久米の山)は
神武天皇の先鋒の天櫛津大久米命の名に因むものであると言う。

その後当社は日知屋城主伊東氏らに尊崇され、
地方の民も「日向のお伊勢さま」と呼んで崇敬し且親んできたのである。
最近ことに御神徳を募って県内外の参拝者が激増している。

大御神社の社名は天照大御神の
大御をいただいて社名としたと伝えられている。

現在の御社殿の改築は昭和十三年に完成し
資材は高千穂地方の神社の境内木が使用されている。


315大御神社5

菊花紋を潜ります。

光格天皇御製  春祝

すべらぎの 世々の例を うけつぎて 神につかふる 春ぞかしこき

315大御神社6

絵馬は、天照大御神の岩戸開きです。

光が綺麗に入りました♪

岩戸開きのように見えますね。(^o^)

315大御神社7

本殿の裏手は日向灘です。

そこに広がるのは、
空と大海原です。
天照大御神の光です。

315大御神社24

とても開放的です。

315大御神社25

影か鏡か かがみがかげか 拝む心が 神ごころ

拝む姿が、拝む心が  神の姿 神の心
神様の清い正しい誠の心と 
神様から受け傳える
真直ぐな 美しい自分の心が
拝むことによって ピッタリ一つに
照らし合わされれば
邪魔のはいる一分の隙もない。

315大御神社8

大御神社の宮司さんです。

とてもお話し上手な宮司さんで、
グルーフで参拝に来ていた人たちに
大御神社の御由緒や周辺情報を講義されていました。

熱のこもったお話に引き込まれてしまい、
私たちも合流して、一緒にお話を聞いていました。

ベストなタイミングで立ち寄ったみたいです♪ \( 'ω')/

315大御神社9

お話を聞いている途中、
ふと背後が気になって空を見上げたら、
龍くんが私たちを見下ろしていました。

も~ そうやって君は
いつでも高みの見物してるよね~

私たちが熱心に宮司さんのお話を聞いているので
彼はいつになく、ご満悦のようでした。

きっとこの旅の続きを
盛り上げてくれるんでしょうね。

クルスの海からの帰り道に
空に顕れていた龍君は、大きな宝珠を持って出現していました。

宝珠は、何のサインだったんだろう・・・?

315大御神社10

本殿の裏も、柱状節理の岩だらけです。

315大御神社11

まさに絶景です。

315大御神社12

船の絵を描きたくなるわ。。。 (*´▽`*)

315大御神社14

あっ!

クルスの海から見える空で
龍くんが握っいた宝珠は、これ(卵)だったんだ。。。

龍神の霊(玉)

注連縄が張られた神座と玉石を見てビックリです。

315大御神社15

人工的にすり鉢状に丸くされた壁面には
渦巻状に線が刻まれていて
その底には(長径1メートル短径70センチ)の
卵型のさざれ石が据えられています。

宮司さんのお話によると、
東大の偉い地質学?や歴史に詳しい先生との調査で
いろいろ分ってきたそうです。

どうやらこれは5000年前の古代遺跡で、
渦巻き状の壁面は「龍」
卵型のさざれ石は「龍の卵」を表し
当時の龍神信仰を裏付けるものであるという事です。

宮司さんは、ドラゴンボールが出現した・・・! と仰っていましたが。

ほんと、ビックリですぅぅぅ。 (◎_◎;)

315大御神社17

こちらが卵を抱いている御頭のほうで・・・

315大御神社16

こちらが尾にあたる磐ということです。

315大御神社18

全体を写真に収めるのは難しいですね。

それだけ巨大な磐座です。

ずっと眠っていて、再発見されたのは、わりと最近(平成23年)のことです。
境内拡張のために竹藪を刈っているうちに出てきた磐座に、ビックリ仰天の宮司さん。
偉い先生に相談されことで、分かってきたことがいっぱいあったとか。

その模様を楽しくご紹介くださいました。

雰囲気だけでも伝われば良いのですが。。。

315大御神社19

本殿を囲む柱状節理に驚かされて
龍の玉にも仰天し

さらに宮司さんの白熱トークは留まることを知りません。

この両手で示されている、足元の岩は・・・

315大御神社20

さざれ石です。

315大御神社21

赤と緑の立て札には、

柱状節理 ← 分岐点 → さざれ石

と書かれています。

315大御神社22

平成15年に境内西側の拡張造成工事が始まり
神社有地の山の際まで拡げてみようということになったそうです。

竹藪を切り開いていくと、ここでもまた
見たこともない珍しい岩を発見。

表面がツブツブ・ザラザラ。

なんと、この山は
巨大なさざれ石の山であったことが判明したそうです。

「君が代」の山ですね。

まだ木々が生い茂っているところも
さざれ石かもしれない!?ということです。

日本最大級のさざれ石群でした・・・!

315大御神社13

そして、一通り説明をお聞きした後で
宮司さんの先導で、その場にいた皆で
君が代を大合唱しました♪

メチャ良い気分です♪ (≧▽≦)

315大御神社26

そして、もうひとつの龍神伝説の場所へ・・・

315大御神社27

5000年の時空を経て甦る龍神伝説

最初に表れたのは、亀さんでした。

315大御神社28

大御神社の境内左側に隣接する鵜戸神宮

その入り口は、岩窟でした。

ここは人工的につくられたものらしいです。

315大御神社29

岩窟には階段で降りていくのですが
上から眺める岩が、亀さんの巨大な頭でした。

本殿の奥にある柱状節理も巨大な亀さんのように見えました。

亀さん尽くし・・・

こ、これはきっと、昨日頂いた
安心院の料亭「やまさ」のすっぽん料理のせいかもしれない。

(; ・`д・´)

命を頂いたことで、私の血と肉になって融合し
すっぽんと、誓約をしてしまったんだわ。 

だから亀さんと出会うんだわ。

きっと、そうに違いないです。

そんなことを考えながら
鵜戸神宮の岩窟を潜っていったのでした。

315大御神社30

心して進んでいこう。

鼈と、亀さんとともに・・・

315大御神社31

鵜戸神宮の御祭神は

・鵜葺草葺不合命(ウガヤフキアヘズノミコト)
・彦火瓊々杵命(ヒコホノニニギノミコト)
・彦火々出見命(ヒコホホデミノミコト)
・豊玉姫命(トヨタマヒメノミコト)
・塩筒大神(シオツツノオオカミ)

315大御神社32

神々しい光が射しこみます。

315大御神社33

すこしずつ、岩同士が被さるように
角度を狭めて眺めていくと・・・

315大御神社34

昇り白龍さんが出現しました・・・!

宮司さんが絶妙な角度を教えてくださったことで
奇跡の一枚が撮れました。

ありがとうございます。 (^o^)

綺麗なお姿にウットリ♪でした。

龍くんからのお導きでもあります。
ありがとう。

315大御神社35

帰りがけに出会った猫さまたち。
いつもよく出会うよね。。 

さて、さらに南へ向かいます。
出雲の神様・大国主命の聖地へ。

そして、白龍神との邂逅は、
その後も続いていったのでした。





テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2018/03/28(水) 00:08:39|
  2. 邪馬台国ラプソディ 聖地巡礼