FC2ブログ

瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

『邪馬台国ラプソディ』 聖地巡礼 15 日向国一之宮 都農神社

315都農神社1

2018/3/14(水)~3/20(火)に旅してきた
小説『邪馬台国ラプソディ』 の聖地巡礼レポートです。

邪馬台国2

------------------
3/15(木)は、延岡から出発して
日向灘を眺めながら海岸線を南下しています。

日向国一之宮 都農神社へ参拝いたしました。

315都農神社2

都農神社(つのじんじゃ)

都と農で「つの」です。

「都」と「農」ということで
稲作を広めて国土開発に尽力した
出雲の神・大国主命を祀る神社です。

また、「つの」の響きからピンと来たのが、
意富加羅国(大加耶/大加羅)の王子・都怒我阿羅斯等(つぬがあらしと)です。
天之日矛(あめのひぼこ)とは同一なのかな?
角=兜を被った渡来の皇子は、ネの国・出雲国にもやって来ていた。
そのあたりの由来も含まれているのかもしれない。

315都農神社4

出雲大社とよく似た空気です。

子供のころから知ってるこの感じ。
やはり大国主命さんだからかな。 (*´▽`*)

いま、私はどこに立っているんだろう?

出雲なのか日向なのか・・・
空間がオーバーラップしてるような
不思議な感覚を味わいました。

315都農神社3

「石持ち神事」というのがありました。

この石を本殿前まで持っていって参拝し、
その後、神石は本殿裏の納所に納める・・・というものです。

ここでは、気に入った小さな石を好きに選んで良いみたいです。
石=意思・意志であります。
思いを現象化するために用意されています。
面白いなぁ~と思いつつ

宇佐神宮の100キロ越えの力石を思い出してしまいました。
宇佐のミニチュア版なのかもしれない!?

楽しそうだから、可愛い石を運んでみます。

315都農神社5

ここでも、出雲っぽい景観だなぁと感じました。

315都農神社10

御祭神
大己貴命(おおなむちのみこと)
( 別名 : 大国主命 )

315都農神社11

注連縄は、太くなかったです。

315都農神社12

創建は、神武天皇が御即位の前と伝えられています。
御即位6年前に宮崎の宮を発し東遷の折、
此の地に立ち寄り、国土平安、海上平穏、武運長久を祈念し
御祭神(大己貴命)を鎮祭された事と伝えられています。


【御由緒より】

旧記によれば、日向国の第一の大社であったが、
天正年間の島津・大友の争乱の際、
大友氏の兵火により社殿・宝物・古文書等全てを焼失したものの、
御神体は尾鈴山麓に避難され難を逃れた。
争乱後は長年社殿の再興も無く小さな祠があるのみであった。
元禄5年に秋月藩主 秋月種政が再興し、安政6年には篤志家の社殿の寄進があった。

その後、社殿の老朽化に伴い平成14年に「御造営奉賛会」が設立され、
平成19年7月7日に現在の社殿が竣成されたのである。


【御神徳】

大己貴命 ( 大国主命 ) は多くの妃を娶り、その妃等との間に多くの御子をもうけました。
その謂れから縁結びの神とも子孫繁栄(子授け)の神とも云われる様になりました。
また医療の法を定め多くの人々を助けた事により、医療(病気平癒)の神とも云われ
また少彦名命と共に力を合わせて多くの人々と交わり、次々と国造りをされた事により、
事業開拓(商売繁盛)の神と云われる様になりました。

315都農神社13

拝殿にも、運ばれてきた神石が置かれていました。

恰幅の良い、幸せそうな笑顔の大国主命。

石が子宝のようにも見えますよね。 (●^o^●)

315都農神社14

摂社 素盞鳴神社

御祭神 素盞鳴命

315都農神社15

参拝を終えると、空にはもくもくと雲が現われ

鼻の長い龍のような、
白い鰐(ワニ)のような・・・?

動物の雲が現れました。
目があるよね。 

315都農神社6


315都農神社7


315都農神社8

縁起のよさげな、御御籤や絵馬が並んでいます。

きっと、こんな感じなんだろうな~・・・と想像する
私の期待を裏切らない都農神社です。(^o^)

315都農神社9

縁起の良い御信仰

【御神象】

都農神社の御神木である夫婦楠の木の俣から生れ出でた象である。
日本書紀によると、大己貴命は兄の八十神等に攻めやられ危うく命を落としそうになった。
そこで母神である櫛名田比売命は大己貴命の事を案じ「木の俣」から逃がしたと記されている。
この事から、この象は「大己貴命の化身である」として広く信仰を集めている。
象は太古より悪霊や悪夢を食べる霊獣として社殿等に彫刻されており、
その力をうかがい知ることができる。
不思議な事に体にはハートマークが浮出ており、
この象を撫でる事で恋愛成就や夫婦円満、除災招福の御利益があると言われている。

----------------
大己貴命と最初の妻である八上姫とのエピソードに
「木の俣」の神が登場します。ふたりの御子神です。
このゾウさんは、この「イナバの白兎伝説」となにか関係が深そうですね。

そして、先ほど、参拝後の上空に現れていた雲。

( ゚д゚)ハッ!

ゾウさんだ~~!

315都農神社15

大己貴命の化身であるゾウさんだったんですね。

(∩´∀`)∩ワーイ

315都農神社16

【撫でウサギ】

大己貴命は兄の八十神等と共に因幡の国を訪れた。
因幡の国に辿り着くとサメに皮を剥がれて泣き叫ぶウサギが居た。
大己貴命がそのウサギに「真水を浴び蒲の穂の上に寝転ぶと良い。」と言われたので、
ウサギは教えの通り行うと、みるみる元気になったと言われている。
この事からウサギは病気平癒の御利益や、
その行いから素直な心を表す象徴とされるようになったとされている。

--------------------

雲は、ゾウさんでもあるけれど
サメにも、ワニにも見えるんだよね。

心のままに見えるようになっているんだね。

315都農神社17

また、すっぽんと・・・いえ、亀さんたちと、出会ってしまいました。

安心院の料亭「やまさ」で命を頂き
誓約をしたからですね。

この旅では、どこまでも一緒
一蓮托生なのかもしれない。  (^-^;

315都農神社18

なんだか縁起物も盛りだくさんで、
見どころいっぱいの、楽しい都農神社でした♪

ここでお話した宮司さんは、『ホツマツタヱ』をご存知でした。

そして、かつての都農神社は、町全体が境内だった・・・とも仰っていて
大物主神を祭る三輪山・三輪氏との関連も語ってくださいました。

古文書や宝物が消失してしまったという事実には
悔しくて残念でなりません。
でも、難を逃れて、どこかで眠っているのかもしれません。
それがこれから出てくる可能性も、なきにしもあらず・・・では?
ちょっと期待したいところです。

想像していたよりも、ずっと濃厚だった、日向国の中の出雲国。
これから、雲をかき分けるように出てくるのかもしれませんね。
出雲なだけにね。
そんな手ごたえを、ひしひしと感じることができた、都農神社でした。

ありがとうございます♪

出雲の神様のご縁に感謝します。\( 'ω')/

315都農神社19





テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2018/03/29(木) 08:02:00|
  2. 邪馬台国ラプソディ 聖地巡礼