FC2ブログ

瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

『邪馬台国ラプソディ』 聖地巡礼 19 高千穂 神仙と夜神楽

316神仙1

2018/3/14(水)~3/20(火)に旅してきた
小説『邪馬台国ラプソディ』 の聖地巡礼レポートです。

邪馬台国2

------------------
3/15(木)
この日は宮崎県の延岡からスタートして、
日向岬の馬ヶ背・美々津・都農・西都原へと訪れました。
広範囲に見学できて、充実感に包まれていました。

それから私たちは、高千穂へ向かい
神呂木の庄 旅館「神仙」で宿泊しました。

316神仙4

高千穂でも有名な高級旅館として知られているようです。

和モダンの館内は、
高千穂の景観とも調和していて美しく

旅館について早々に、
出迎えてくださったスタッフの皆さまの
真心のこもったサービスや気配りに触れて、感銘を受けました。

316神仙5

「瑠璃」の部屋まであって、感激♪

316神仙6

この旅を終えてから、
「あれ? ここは前に来たような気がする」
という感覚に、じわじわと包まれるようになりました。

水琴窟とお部屋の並び・・・
廊下を渡って見えるもの

なんとなく蘇ってきたのです。

夢の中で訪れたことがある、と思い出しました。

不思議ですが、夢が現実を先取りしていました。
こういうことって、たまにあるんですよね。

316神仙7

ふだんの食卓は質素なものです。
たまに旅先で御馳走を頂くと、有頂天になってしまいます。

高千穂で採れる地産地消のお野菜に、
炊き立てのごはんが並びます。
とても美味しく頂きました。
ありがとうございます。

316神仙8

今回の旅は、行く先々で
めったに触れることのない御もてなしを受けています。
ありがたいことです。
きっと今後、なにかのお役にたつことでしょう。 (^O^)

316高千穂夜神楽1

さて。
夜も更けて
今宵のメインイベント
高千穂神社の夜神楽を拝観しに行きました。

316高千穂夜神楽2

高千穂 夜神楽(岩戸神楽)

高千穂地方に伝承されている神楽は、
天照大御神が天の岩戸に隠れられた折りに、
岩戸の前で天鈿女命が調子面白く舞ったのが始まりとされています。

御神楽の発祥地ということですね。

毎年11月の中旬から翌年の2月にかけて
各村々で33番の夜神楽を実施されているそうです。
秋の実りに対する感謝と、翌年の豊饒を祈願するものです。

その中の4番の舞が公開されていました。

【1.手力雄の舞】

天照大御神が天の岩戸にお隠れになったので、
力の強い手力雄命が天の岩戸を探し出すため
静かに音を聞いたり、考えたりする様子が表現されます。

316高千穂夜神楽3

【2.鈿女の舞】

天の岩戸の所在がはっきりしたので、
岩戸の前で面白おかしく舞い
天照大御神を岩屋より誘い出そうとする舞です。

316高千穂夜神楽4

316高千穂夜神楽5

316高千穂夜神楽6

【3.戸取の舞】

天の岩屋も岩戸の戸も所在がはっきりしたので、
手力雄命が岩戸を取り除いて
天照大御神を迎え出す舞です。
力強く舞まれます。

316高千穂夜神楽7

【4.御神体の舞】

イザナギ・イザナミの二神が
酒を作ってお互いに仲良く飲んで抱擁し合い、
夫婦円満を象徴している舞です。

316高千穂夜神楽8

316高千穂夜神楽11

仲睦まじい二神。

316高千穂夜神楽9

316高千穂夜神楽10

おや おやっ・・・

316高千穂夜神楽12

子作りの舞・・・!?

(〃゚д゚〃)


なかなか楽しい夜神楽でした♪

関連動画を見つけましたので、シェアしたいと思います。↓




316神仙11

その夜は、なんだか良い夢が見れた気がします。

ユリちゃんと泊まったお部屋には
槇でできた室内露天風呂がありました。
トルマリン温泉で気持ちよかったです。

朝目覚めると、雨が降っていました。

316神仙9

朝食を頂きながら、
さぁ今日も一日、実りの多い旅にしていくぞ~と
張切りました。\(^o^)/

316神仙10

お土産の煎茶がとても美味しかったです。

316神仙2

316神仙3

神仙さん、
素敵な旅のひと時を
ありがとうございました。

それから、
天岩戸へ向かいました。



テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2018/03/30(金) 19:58:09|
  2. 邪馬台国ラプソディ 聖地巡礼