FC2ブログ

瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

英彦山★六甲山 修験道と山岳信仰 6 天狗山伏

317高住神社27
英彦山 豊前坊高住神社 天狗に纏わる諸々


『天狗と修験者』
宮本袈裟雄
人文書院

p-10

修験道が一般に
教祖・教団をもって規定される仏教やキリスト教などの
成立宗教・創唱宗教などと相違し、
地域社会を基盤とする民族宗教と近似している顕著な点として、
次の二つをあげることができよう。

そのひとつは教祖の問題であり、
修験道では役行者(役小角)を開祖とするが、
これも修験者たちが次第に結集し
組織化されるようになるにしたがって
不動の地位を得たものである。

各地の山岳に依拠する修験の間では、
白山の泰澄、出羽三山の能除大師
日光の勝道上人、英彦山の法蓮などをはじめとして、
役行者以外にも開祖・開山を求めている場合が多く、
そうした開山とされる人物自体も、
当時多数の修行者が存在した中の
傑出した人物とみる方が妥当な見解といえよう。

第二は教義や教理である。
一般に教義が神の啓示、神の教えと理解されるのに対し、
修験道では他宗教でいうところの教理や教義はなく、
修験者自身が修行の中から体得するところにその本義がある。

たしかに修験道教義と称されているものもあるが、
しかしそれらの多くは、
修験者の修行・衣体・儀礼・法具などを解説したもので、
密教理論によって説かれたものが多いといえよう。


p-10

こうしてみてくると『今昔物語』に表れている天狗観
仏教の異端者としての山岳修行者と密接な関係を持ち、
それも古代の国家仏教の立場からは
禁止されるものであった方術・蠱道・巫術などの
大陸伝来の呪術を背景としているのではなかろうか・・・

中世にはいると、山霊や山の妖怪とするものから
より人間味を帯びたものになり、
・・・法師・・山伏・・
『太平記』などには「天狗山伏」という言葉がみられるように、
天狗と山伏が一体化することになった。

さらに謡曲『鞍馬天狗』には英彦山の豊前坊
白峰の相模坊、大山の伯耆坊、飯綱の三郎、
富士の太郎・大峯の前鬼・葛城の高間をはじめ、
比良山高尾山・愛宕山・鞍馬山などの修験の山々を
すみかとする各種天狗が出現する。

室町後期から近世初頭に成立したとされる『天狗経』には
大天狗として四八天狗の名が診えるようになり、
それらの天狗の住処の多くは修験道の山である。


p-132

修験道の治病活動は、
大きく二つに大別することができる。

そのひとつは薬事療法であり、
他方は一般に加持祈祷と言われるように
超自然的存在を作用させることによって病気を治す方法である。

まず薬事療法の中では、吉野大峰山「陀羅尼助」
修験道の開祖役小角の作り始めたと伝えるほか、
九州の英彦山「不老円」など・・・
医学に知識を身につけて薬草を採取し、
薬を作ることを盛んに行っていたようだ。

-------------------------

六甲山天狗にまつわる場所はこちらです。

天狗岩4

六甲山系 摩耶山 旧天上寺・奥の院  
ここには「天狗岩」があります。

旧天上寺はインドの高僧・法道仙人が開創。
しかし、1976年(昭和51年)に火災により焼失しました。

現在の新しい姿はこちらです。↓

摩耶山 忉利天上寺(まやさん とうりてんじょうじ)
http://ruri87.blog18.fc2.com/blog-entry-149.html

現在の忉利天上寺と天狗岩は
そんなに離れてはいませんが、
知る人ぞ知る岩となってしまったのかな。

摩耶夫人

裏には龍が閉じ込められていたという天狗岩。
表には摩耶夫人(お釈迦さんの生母さん)が微笑みます。

-------------------------

英彦山の麓には耶馬渓がある。

・・・ところで、我が生まれ故郷・出雲の地にも、
山陰の耶馬渓と呼ばれる秘境があります。

ここにもじつは「天狗岩」があり
英彦山周辺と共鳴している岩が盛りだくさんなのです。

立久恵峡2

立久恵峡 part.1 ~山陰の耶馬渓~
http://ruri87.blog18.fc2.com/blog-entry-604.html

立久恵峡 part.2 ~五百羅漢~
http://ruri87.blog18.fc2.com/blog-entry-605.html

立久恵峡 part.3 ~霊光寺~
http://ruri87.blog18.fc2.com/blog-entry-606.html

山陰の耶馬渓
どうでしょうか? 
なかなか素晴らしいでしょう。 (^O^)
英彦山の山麓の耶馬渓によく似ていると思います。

京都の鞍馬天狗は、あまりにも有名ですが
結構身近な場所にも、天狗さんの足跡があるんです。

天狗さんは各家々の常備薬と同じくらいに親しみやすい存在。
人々の暮らしの支えに、天狗さんの存在あり、なのかな~。

英彦山と六甲山の繋がり。
出雲(立久恵峡)と日田(耶馬溪)の繋がり。


見えてくると、面白いですね。 (^O^)

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2018/04/29(日) 15:33:22|
  2. 英彦山☆六甲山 修験道と山岳信仰