FC2ブログ

瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

EM(有用微生物)開発者 比嘉照夫さん

EM1.jpg

5月の上旬に、友人の芦屋にある別荘におじゃまして
京都のU-Net 吉彌信子さんからEM(有用微生物)の活性液づくりを教わりました。

発酵した活性液を生活のあらゆる場面で使い始めましたが
空間が浄化されて、清々しい気を放っています。

大下伸悦先生NPO緑の会が制作された、ドキュメンタリー映画 
「無償の愛 わたしの中の宇宙に生きる」 を鑑賞して、EMの凄さを思い知らされました。
きっとそのうち、大下先生プロデュースのYouTubeでも映画は公開されるでしょう。

EM2.jpg

本日は重藤悦男先生主宰の「感動塾」に行ってまいりました。
沖縄のEM(有用微生物)開発者:比嘉照夫先生がゲストです。
お会いできるのを楽しみにしていました。


比嘉先生は、
微生物の底力=愛=思考の利他
それは、すべての力の元となる、と仰います。

微妙なバランスで、
善玉菌にも、悪玉菌にも転じてしまう微生物たち。

人は愛を注がれるとパワフルになれますが
微生物もまた同じようです。

有用微生物は、私たちの目には見えないけれど
量子のエネルギーを秘めている弱くてピュアな存在です。
それを想念世界で生きる私たちが
利他の心で重力波を起こして広げていく。

私たちの想念・祈りの力が
量子もつれを生んで奇跡を起こしていく。

311後の福島では
EMのチカラで74% 放射能が消えたそうです。
小さな存在に私たちの社会が助けられています。

地球にとっては、私たち人間だって
微生物と同じでちっぽけな生命体なんだろうと思います。

ですが、私たちは知恵を持って生きていますから
万物に愛を注いで、周囲を輝かせ
ひとりひとりが大きな原子転換を起こしていけるのです。

人間の身体も90%は微生物と比嘉先生は仰います。
量子の世界は、何にでも変わる世界だということが分かってきました。

世の中の為に、自分は何ができるのだろう?

様々な不条理を受け入れつつも
それを問い続けて生きるのが、私たちの使命なんだと思います。
ピュアな心で、向き合って生きたいものです。

EMを使った畑の作り方や、
効果的な活性液の使い方なども比嘉先生から教わりました。

私もEMさんともっと仲良くなって
一緒に環境浄化の重力波を起こしていきます。 (^o^)

ありがとうございます。









テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2018/05/31(木) 00:04:06|
  2. 未分類