FC2ブログ

瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

Project Phoenix 2018 【22】 アルハンブラ宮殿 Alhambra القلعة الحمراء

29アルハンブラグラナダ市街66r

Project Phoenix 2018
《神戸市・バルセロナ市姉妹都市提携25周年・文化交流記念事業》
《日本スペイン外交関係樹立150周年・記念事業》


ということで、
創生神楽宗家/日本国エンターテイメント観光マイスター/
社団法人日本文化伝統産業近代化促進協議会代表理事/
出雲観光大使/財団法人伝統的工芸品産業振興協会 
産地プロデューサーの、表博耀先生、

モルドバ国立教育大学 名誉教授
哲学博⼠  モルドバキリスト神学大学、神⼾平和研究所 理事⻑の、杣浩⼆先生

カタカムナ研究家の、土居正明先生(トレドから合流) 

また今回初めてご一緒させていただいた諸先生方と
スペインのカタルーニャ地方での「創生神楽」ご奉納に同行させていただきました。
とても実りの多い旅でしたので、ここに少しですが、紹介していきたいと思っています。

★プロジェクトフェニックスとは・・・

異なる文化背景を持ち、表面的には違っているように見える人々も、
心の奥底には母なる自然や先祖への尊敬など多くの共通点があります。
これらの共通点を思い出していくことで相互理解を深め
世界平和に寄与していく、「地球再生運動」です。

------------------------------
29アルハンブラ19r

10/7(日)
午前にマラガ近辺のトルカル・デ・アンテケラの磐座群を眺めて、
午後にグラナダのアルハンブラ宮殿を訪れました。

29アルハンブラ20r

もうこれを書いている時点で
あれからずいぶん時間が経ったような気がしています。
今日は10/17だから・・・ちょうど10日前のことなんですね。

帰って来た当初は、まだ体が半分、あちらに行ってるような変な感覚がして
フワフワしながらの日常を過ごしていました。

頭の中もフワフワなので、整理が追いつかないままです。
でも、書くことの意味は、自分にとっては大きくて
完結した直後に、必ず新しい流れがやってきたりします。
すでにそうなっていたりして。(^o^)

きっと皆さんもそうだと思います。
私の整理方法は、詳細に体験したことを書いていくこと。
それをしないと、どうにもこうにも落ち着かず
次の一歩が進められないのです。

皆それぞれの方法で、旅の始まりと終わりを結びながら
新しい流れの中に入っていかれるのでしょう。

もしも記述に間違いがあれば遠慮なくご指摘ください。
一緒に旅した皆さまと、より良いレポートにしていけたら、と願っています。

29アルハンブラ24r

アルハンブラ宮殿は、想像以上にダダっ広かったです。\( 'ω')/

ここではガイドさんが英語でいろいろ説明してくださいました。
私は英語は片言しかわからない状態でしたが
心で読み取ろうとがんばってみました。 (;'∀')

なんとなく解った気になってます。

29アルハンブラ29r

アルハンブラ宮殿は、スペインのアンダルシア州グラナダ県
グラナダ市南東の丘の上に位置する城塞・宮殿。

どこから見ても、イスラーム建築でした。

スペインはキリスト教色もあるけれど、イスラーム色も強いんですね。

城塞の性質も備えており、その中に
住宅、官庁、軍隊、厩舎、モスク、学校、
浴場、墓地、庭園といった様々な施設を備えていたそうです。

29アルハンブラ44r

アルハンブラ=赤い城塞

アラビア語で、カルア・アル=ハムラー (القلعة الحمراء, al-qal‘ah al-ḥamrā')

赤い城壁の由来は・・・

・土壌が赤いから
・増築時に夜を通しかがり火を燃やして工事したため

いろいろ説があるそうです。

じっくり見て回ると、たぶん一日かかってしまいます。

729アルハンブラ72r

たぶんトチの実?
どんぐりにとてもよく似ています。
宮殿に行入ってすぐの、大きな木に実っていました。

29アルハンブラ37r

ライオンさんが見えます。
なんだか狛犬さんにそっくりだよね。 (≧▽≦)

29アルハンブラ30r

アルハンブラ宮殿は、
異なる時代に建てられた様々な建築物の複合体で
時代により、建築様式や形状などが異なっているそうです。

この場所が最適だったのでしょうね。
古代の山城跡をリサイクル、というのは
九州・行橋市の御所ヶ谷神籠石史蹟に似ているのかな。
建てられる理由は同じような気がしますが、真相はいかに?

29アルハンブラ77r

この建物は、ヨコから見ているだけでは形がよくわかりません。
真上から見てみたいです。 「夢殿」みたいな感じなのかな。
★型なのかな。 中はどうなってるんだろう?

29アルハンブラ80r

水辺がありました。
ここは癒しの空間。

29アルハンブラ83r

スイレンが咲いていて綺麗でした。

29アルハンブラ84r

結構大きなカエルちゃんが、スイレンの葉の上に御鎮座。

29アルハンブラ81r

柿にそっくりな完熟の木の実です。

どうみても柿・・・
でも、ちょっと日本のとは違います。
実以外の幹や茎の形状が違うので、別のフルーツかもしれません?

29アルハンブラ90r

グラナダの街が見渡せます。 \( 'ω')/

29アルハンブラ91r

こういう天井を「ムカルナス」というそうです。

29アルハンブラ92r

「ムカルナス」は煉瓦、石、漆喰、木などで作られていて
ドームやアーチ下面などに使われることが多いそうです。

29アルハンブラ113r

鍾乳石の丸天井を意味し、幾何学的な装飾が特徴。
こういうパターン文様にとても惹かれてます。(^O^)

ホツマのフトマニや、カタカムナのヤタノカカミ
それらと同じインスピレーションに思えてならないです。

柱や壁の装飾なども、八角形のタイルアートが見事です。

29アルハンブラ93r

きっとこの装飾の一つ一つに物語があるんだと思います。
でも、説明できる人たちももう居ないんだと思います。

なにかを感じる。
それだけでいいのかもしれない。

それが心に引っかかっていて、
体の半分を置いてきたような感覚になるのかな。

29アルハンブラ95r

アラベスク(arabesque)の文様は大好きで
ひとたび目にしたら、時間を忘れるほど見入ってしまいます。


アラベスク美術は
2つのモードで出来ているとも言われています。

★世界の秩序を支配する原理
三角形をつなぎ合わせたトラス構造。
トラス

土・・空気・火・水の四大元素は
たった一つが欠けても物質世界は崩壊・滅亡する。

★生命を産む母性(女性性)
植物を動的にとらえた表現。

29アルハンブラ130r

トラス構造は三角法の基礎。
結局のところ、佐藤敏夫先生のこれとか
ソルフェジオ

佐藤博紀博士から教わったこれとか
マカバ

オイラー


坂和伸一先生のこれだって・・・
ai.jpg


みんな、みんな、宇宙法則も、
植物の成長の仕組みも、産み出す作用も、
アラベスクの中に表現されているんです。

だからシンプルなこのカタチにもパワーがある。

イスラムもキリストも西宮も神戸も出雲も・・・・

メタトロンキューブ

このカタチ。

この物質世界の生活や自然に根差している物質世界のイデアが顕されている。

同じものを観ていて、違う言葉や違う角度で語っているだけ。
魅かれる理由は言葉に出来ないくらいに深い、、、なので図にしてみました。
(この図には私独自の解釈も入れていますが)

イスラム教ももキリスト教も、もとは一つ。
それを私はビジュアルイメージで捉えています。

これから科学と宗教は融合して新しい叡智となり
私たちの願った世界平和へと前進していくのだと思います。

29アルハンブラ98r

29アルハンブラ101r

小さな拝礼するところ。
お堂みみたいな建物があり

(なんていうところか忘れてしまいましたが(;'∀'))

奥にアーチがかかっていました。
そこには、像があったと思う・・・と、表先生は仰います。
観音様のような?
いや、違うな。蔵王権現みたいなのだな。

そんなお話をしていました。

蔵王権現と聞いて、パッとそのイメージが湧いてきました。

ちょうどそのころ、

10月6~7日の日程で、吉野信子先生のカタカムナ研究会では
メンバー揃って吉野山に研修旅行に行かれていたそうです。
吉野山といえば、役小角・大峰修験・蔵王権現。
まさかの同じタイミングで出てきたことにビックリしました。

武部正俊さんブログ 火(ホ)と「ニワ」と鍋釜より
http://blog.livedoor.jp/omtakebe/archives/77803232.html

ちょっと驚くような繋がりも出てきていますので
武部さんの一連の記事をご覧ください。

29アルハンブラ121r

この噴水のように、
書きたいことがどんどん湧いて出てきます。

取りとめが無いですよね。
いつもこんな感じでやってます。 (~_~;)

29アルハンブラ129r

どんどん長くなる文章を、
ここまでお付き合いいただき、感謝します。

さぁ・・・
はたしてうまく纏まるでしょうか。

29アルハンブラ132r

美しいアラベスク文様と
アルハンブラ宮殿を彩っていた植物たちを貼ります。

29アルハンブラ135r


29アルハンブラ138r


今日もお読みくださり、ありがとうございます。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2018/10/18(木) 00:06:22|
  2. Project Phoenix 2018