FC2ブログ

瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

大甕神社(おおみかじんじゃ) ☆彡

大甕神社1

3/25(月)のことです。

茨城県日立市大みか町にある
大甕神社(おおみかじんじゃ)に参拝いたしました。

関東方面へお出かけするのは久しぶりです。

埼玉にお住まいの佐藤克紀さんと
西原眞理子さんとともに参拝いたしました。
小笠原礼法総師範である河野典子先生のもとで
学んでいらっしゃるおふたりです。

大甕神社2

早朝4:44発の最寄りの阪神電車~新幹線に乗り、
つくばエクスプレスの三郷中央駅で9:30に待ち合わせ。

神戸から茨城は遠いかな・・・と思っていたけれど
途中で寄り道しながらも、早起きすれば
充分、あちこち観光することができるんですね。
楽しくて眠気も吹っ飛びました。

鳥居を潜ると、とても立派な社務所に驚かされました。

最後に宮司さんが中に招き入れてくださり
玉串捧げる正式っぽい(?)参拝をさせて頂けたことも驚きでした。
素敵な神計らいです♪\( 'ω')/

大甕神社3

大甕神社は、皇紀元年(紀元前六六〇年)創祀。

御由緒によると・・・
此の地の住民、国土開発と国家安寧に尽力された神として、
大甕山上の古宮の地に祀り祭祀が行われておりました。

時は移り、江戸期元禄八年旧暦四月九日藩命により
甕星香々背男の磐座、宿魂石上に遷座されてより
三百年の星霜を経て今に至ります。

御祭神
主神:武葉槌命(たけはつちのみこと)
地主神:地主神:甕星香々背男(みかぼしかがせお)

大甕神社4

ピカチュウもいました~! ヾ(o´∀`o)ノ

眼が金色に光ってます。

大甕神社6

甕星香々背男社です。

「宿魂石」に甕星香々背男の荒魂が鎮められているそうですが、
それをお参りする拝殿として建立されました。

大甕神社7

『日本書紀』神代には、
下総国一宮である香取神宮の祭神経津主神と
常陸国一宮である鹿島神宮の祭神武甕槌神の二柱の神が
邪神をことごとく平定したが、
星の神の香香背男だけは従わなかった。

そこで倭文神建葉槌命が使わされ、
これを服従させたと記されているそうです。

大甕神社8

水戸藩神名録には
大甕神社=「倭文神宮」とされています。

常陸の国風土記など、もっとちゃんと知りたくなります。

大甕神社11

甕星香々背男の荒魂には、
五芒星の神額。

大甕神社12

一緒に同行してくださっている
埼玉在住の佐藤さんと西原さんに
ここぞとばかりに、映画「翔んで埼玉」の話題を振っていたので

こ、これは・・・
あの鳥のシルエットの白石は・・・
埼玉の平和のシンボル「シラコバト」では? (; ・`д・´)
と思ったのは勘違いでした。

海なしランドパワーの平和の象徴ではなく
浜辺にはアオサギが飛んでいる・・・
そうです、ここはシーパワー全開の茨城県なのです。

大漁旗が舞い磯の香りがしてきそうな気配なのです。

大甕神社13

甕星香々背男の荒魂は、
封じ込められていても、
平和的な存在だったはずです。

大甕神社14

心地よい氣が立ち込めていて
歓迎してくださっているように感じられたから。

大甕神社15

青い光がいっぱい。

大甕神社16

周囲のどこにいても、
光の中に包まれています。

大甕神社17

甕星香々背男は、出雲の国にも祀られていて

私の生まれ故郷は、まさに星神の聖地なのです。
まるで故郷にいるかのように思えました。

甕星香々背男と、出雲神

出雲神=蛇=カカ=輝

輝く星は金星

甕星香々背男は天津甕星(あまつみかぼし)

「出雲国風土記」に登場する、阿遅須枳高日子の祖父である
赤衾伊努意保須美彦佐倭気(あかぶすまいぬおおすみひこさわけ)の
妻神は、天甕津日女(あめのみかつひめ)。

天甕津日女もまた「甕」の名を持つ、輝く甕星=金星

シリウス→金星→地球に来た女神 ☆彡

・・・でしょう ☆彡

大甕神社19

出雲の氏神・天甕津日女(みかつひめ)と
六甲・西宮の向津姫(むかつひめ)とは響きが似てます。

どうしても繋がりがあるように思えてなりません。
直感だけれど、説明できない出来事が多すぎるのです。
これからわかるのでしょうか。
甕星さんに祈ろう。。。

大甕神社から眺める朝日はどれほど清々しいんだろう。

大甕神社20

茨城は日が昇っていく東の地。
出雲は日が沈んでいく西の地。

私は沈みゆく陽光を、朝日の地で見送っている。
いつかここで朝日が拝めたらいいな。

私たちの生命活動は、陽光を浴びて
肉体のチャクラも背を伝い躍動し、
夕日が沈むようにまた鎮まってゆく・・・
その波をを繰り返し、繰り返し、生きています。

滞りなく、澱みなく、生きられるように
自然とともに祈ってきたことでしょう。

太陽と月と星と・・・ここにいると
星々がめぐる空ばかり気になっていました。

大甕神社21

磐座の山の上に、武葉槌命をお祀りされています。
現在の本殿は昭和8年に建て替えられたそうです。

大甕神社22

大甕神社23

大甕神社24

西原さんの献茶と
佐藤さんがお供えしてくださった宮水の郷です。

宮水は六甲の伏流水が発祥です。
くわしくはこちらをどうぞ。↓

宮水=西宮の水   ~宮水発祥の地~


神様にお供えしたあとは、皆でお茶を頂き
お酒も何事もなかったかのように持ち帰りました。

ありがとうございました。 ☆彡

大甕神社25

大甕神社26

大甕神社27

大甕神社18

大甕神社28

石神伝説は奥深いです。

地上の磐座を結んでいくことは
天界に輝く星結びで
おおきな和合の一歩だと感じています。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2019/03/30(土) 01:39:23|
  2. 神社仏閣めぐり(茨城)