FC2ブログ

瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

息栖神社(いきすじんじゃ)

息栖神社1

3/28のことです。

埼玉の佐藤さん&西原さんとともに、東国三社巡りをしています。
鹿島神宮から、息栖神社(いきすじんじゃ)へとやってまいりました。

\( 'ω')/ 三社のうちの二社めです。

茨城県神栖市息栖2882に鎮座。

茨城県鹿嶋市の鹿島神宮、
千葉県香取市の香取神宮とともに
東国三社の一社であります。

ここ、気になってたトコです。
参拝できて嬉しいです~!

息栖神社2

駐車場に辿り着くと、
猫さまたちが寛いでいらっしゃいました。

息栖神社3

こ、このドヤ顔は。。。

まさかの猫さまが主祭神の神社・・・!? (; ・`д・´)

息栖神社5

主祭神は、 久那戸神 (くなどのかみ・岐神)でした~。

鹿島神・香取神による葦原中国平定において、
東国への先導にあたった神ということです。

息栖神社7

相殿神は
天鳥船命 (あめのとりふねのみこと)
『古事記』では、建御雷神の副神として葦原中国平定に赴いたとされます。

住吉三神 (すみよしさんしん)
上筒男神・中筒男神・底筒男神の3柱。

息栖神社8

ホツマツタヱでは、タケミカヅチ(鹿島神)の娘・ヒメと
フツヌシ(香取神)の甥・アマノコヤネが結ばれたとされていて
この夫婦縁の場所とされています。

桜の花や椿、朱色の神殿などを見ていると
夫婦和合の神殿に相応しい感じに思えるんですよね。

息栖神社9

社伝では・・・・
第15代応神天皇の代に日川の地(にっかわ:現・神栖市日川)に創建されたという。
その後大同2年(807年)4月13日、藤原内麻呂によって現在地に移転したと伝えられます。

息栖神社10

息栖神社12

桜が満開です。\( 'ω')/

良い時期に参拝することが出来ました。嬉しいです。

息栖神社13

『日本三代実録』では、「於岐都説神」、
また元亨元年(1321年)の古文書で
「おきすのやしろ」と記されているそうです。

おきつせ・おきす = 沖洲

息栖神社14

お稲荷さんが、みんな赤ずきんちゃんでした。

息栖神社15


う~ん・・・なんだろう?
何かに似ていて、どこかで見たよ。 (◎_◎;)

しばらく経ってから

( ゚д゚)ハッ!

と気が付きました。

高千穂の夜神楽(岩戸神楽)で見た、
鈿女のコスチュームです。

『邪馬台国ラプソディ』 聖地巡礼 19 高千穂 神仙と夜神楽
http://ruri87.blog18.fc2.com/blog-entry-1973.html

uzume.jpg

そっくり☆

息栖神社16

お揃いでカワイイ。

忍者みたいでもありますね。

息栖神社18

お花がいっぱいで、なんとなく嬉しくなります。

息栖神社20

椿の花も赤・白・斑いりと、
3種類以上あって見頃となっていました。

息栖神社21

招霊木(オガタマノキ)もあります。

天照大神の天岩戸隠れのときに、
天岩戸の前で舞った天鈿女命が手にしていたとされるオガタマノキ。

九州の高千穂や天岩戸を訪れたのも
雨が降り止まぬ日で、ちょうど1年前のことでした。

見ているものがオーバーラップしていって
ここにも猿田彦や鈿女が
ここにいる?ような感覚になってしまいます。

久那戸神 (くなどのかみ・岐神)=猿田彦

和合・結びの神が
沖洲に繋がる利根川水系の水運を
束ねているということなのですね。

息栖神社22

こちらが一の鳥居。

左右には「忍潮井(おしおい)」と呼ばれる2つの井戸があります。
「日本三霊泉」の1つ。

息栖神社23

社伝によると、神功皇后3年に造られました。

息栖神社24

こちち「女瓶」

目に見える生き物は、
なにも住んでいませんが・・・

息栖神社25

こちらの「男瓶」のほうは、大きくて
鯉が悠々と泳いでいました。

息栖神社26

息栖神社27

鯉は龍の化身かもしれません。
魚の里と書くから。

瓶は、甕でもあるのでしょう?

息栖神社28

ふと、男瓶の横を見ると石の祠があります。

そこに手を合わせると・・・

息栖神社29

なんと、「有限会社(善)猿田水産」という
文字入りの建物がそこに。

(@ ̄□ ̄@;)!

汽水域だから、しじみが採れるんですね。

まるで汽水湖である宍道湖のように。
しじみが採れちゃう。

鈿女(ウズメ)の舞がつくる渦は
「女瓶」と「男瓶」の陰陽交わる水の渦であり
海水と淡水の交わる汽水の渦でもあり
水面に様々な渦巻きを示しているのかもしれません。

鯉が優雅に泳ぐ様を見つめていたらそう感じました。
ここは結びの場なんですね。

出雲との繋がりが、ここにも。

猿楽の猿でもあるのかな。

猿田さん宅も見かけたので、
お話したい気持ちにもなりました。

猿田彦さんの微笑みが
ここでも見えたような気がしました。
楽しいです♪

息栖神社4

そして帰りも猫さまたちが見送ってくれました。

ここに参拝出来て良かった♪

ありがとうございます。



テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2019/04/06(土) 07:37:47|
  2. 神社仏閣めぐり(茨城)
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://ruri87.blog18.fc2.com/tb.php/2169-00976d23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)