瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

お盆の出雲大社(いずもたいしゃ)

8/14(土)出雲大社へお参りいたしました。

出雲大社は、國引き神話に登場する大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)さんが御祭神です。

縁結びの神様として有名ですが、
縁結びとは、男女の和合を祝福するだけではありません。

国と国とを結び、経済活動を結び、あらゆる人間関係、人間活動を結び、
最適最善の様々な出逢いを授けてくださるようご協力を仰ぐ場所
・・・それが全国各地の縁結び神社のお役割なのかなと感じています。

多次元的には、星と星との結びもサポートしているスポットかもしれませんね。

夏の出雲大社なぅ!
・・・ということで、夏らしいショットをお楽しみ下さい。

夏の出雲大社1

正面の鳥居です。
遠方から訪れる皆様は、まずは最初にここで記念撮影されるのではないでしょうか。

鳥居の横では、紅白の横断幕で飾られたステージが設置されていて、夏祭りの準備が着々と進んでいました。
年間通して、出雲大社では様々な奉納イベントがあります。

夏の出雲大社2

鳥居をくぐって歩いていくと、すぐに祓社(はらいのやしろ)が見えてきます。
祓戸四柱神が祀られています。

・瀬織津姫(せおりつひめ)
・速開都姫(はやあきつひめ)
・気吹戸主(いぶきどぬし)
・速佐須良姫(はやさすらひめ)


昔から慣れ親しんだ場所ですが、あらためて手を合わせていると、いろいろと感慨深いものがあります。
この数年、、、いろいろな地方で、祓戸四柱神さんの神社をまわらせて頂きました。
それらの場所が、走馬燈のように私の脳裏に駆けめぐっていきます。

魂が震えましたね。
涙が出そうだったなぁ・・・。


夏の出雲大社6

祓戸四柱神さんのすぐそばに、蓮池があります。
なんとなく、ここを今回は紹介しておきたいな・・・と感じました。

黒いアゲハ蝶が、橋の中央に留まっていました。
女神様の化身として顕れてくださったようです。

夏の出雲大社7

昔から、古代蓮が咲いていたのかもしれません。
水辺に立つと、癒しと安らぎと、、、、やっぱり尾てい骨がホットになります。(*"Д")

夏の出雲大社3

参道の松並木です。
出雲大社ならではの風景です。

夏の出雲大社4

私は、出雲から離れてみて、はじめて、
参道に松並木が並んでいる景色というのは、とても珍しいということを知りました。

ここの空気も、他の地方とはぜんぜん違っていましたが、
実際に他地域に住んでみるまでは、ぜんぜんそれに気が付くことはありませんでした。

私は、なんと恵まれた場所で育ってきたのだろう・・・離れれば離れるほど、強くそう感じたりしました。


どこに住んでも、慣れていけば、”住めば都”となっていきます。
生まれ育った場所に帰ると、誰しもが、こんどは自分のルーツの都に心地良さを感じられますよね。

私は、日本全国津々浦々に、太古縄文の聖地が復活していけばいいなと願っています。
かつては誰もが自然との対話で、調和と安らぎに包まれていた、
住み良かったと感じる世界が、再び蘇っていけばいいな、、、と感じます。

パワースポットや聖地と呼ばれる場所が心地よいと感じるのは、なぜですか?
なぜ、安らぐのですか?
なぜ、癒しを求めるのですか?
なぜ、遠方にまでわざわざ足を運ぶのですか?

日本人としてのDNAが、還りたがっているのでは?


出雲や雑誌などで紹介されている主要なスポットだけが、特別なパワースポットではないです。

私たちの本来の光が、土地の本来のパワーを呼び覚まします。
ひとりひとりが、光を繋いでいくことです。

私たちは、ひとりひとりが、自分のテリトリーに聖地を創造していけるのです。
そんな時代の転換期に、私たちはいま生きています。

夏の出雲大社8

本殿はまだ工事中です。
25年に完成予定。

それでも、いつでも多くの人が訪れています。

夏の出雲大社9

過去記事にも書きましたが、今現在の出雲のエネルギーは、とてもパワフルです。
写真でそれが伝わるかどうかはわかりませんが。

私は、これまでの懐かしい空気を感じると同時に
深く力強く濃密なエネルギーをビシビシと感じて
身体中の氣がグルグルとまわり、目の前がクラクラしていました。(@@)

夏の出雲大社10

素戔嗚尊さんの社や、国造りの神々の社、全国から集まる神々の会議所なんかがずらりと並ぶスポットです。

ここに入って手を合わせたかったのですが、今回は、立ち入り禁止となっていました。
ちょっと残念。;;

夏の出雲大社11

神楽殿の横の「鏡の池」です。

前回の記事でも紹介致しました。
冬と夏では、雰囲気が違っているでしょう?^^

夏の出雲大社12夏の出雲大社13

松と書いてありますが、この写真に映っているのは「藤」です。

今までこのブログの過去記事でも、瀬織津姫さんのシンボルである藤の花のことを取り上げてきました。
今年の夏は、これまでの夏とは違います。
私の身近なところでは、猛暑の中でも藤が見事に咲いている・・・と。

ここ出雲大社でも、しっかりと咲いていました。


ここ出雲大社でも、瀬織津姫さん復活のサインが随所に顕れています。
誰もが目にすることができるかたちで、それが確認できるということは嬉しいことですね。

多くの方が、とかく、社にばかり注目してしまいがちだと思いますが
むしろ、こうした自然の中にこそ、神々は多くのサインを私たちに送って下さっているのです。

となりの神楽殿には人が大勢溢れていましたが、
この「鏡の池」付近には、ほとんど人は居ませんでした。
池になにが泳いでいるのか確認のために立ち寄ってみただけで、すぐに皆さん離れていってしまわれます。

自然の姿や声は、すべて神々の御言葉です。
自然を通して、様々な多くのサインを送って下さっています。
キャッチしないと、ちょっともったいないですよ。

夏の出雲大社14夏の出雲大社15

こちらに立派な松があります。
その下には、

「かごめうた」があたまの中で響きます。

(夜明けの晩に、鶴と亀が統べった・・・)


夜明けの晩は、近そうです。

テーマ:スピリチュアル・ライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2010/08/17(火) 17:14:45|
  2. 神社仏閣めぐり(島根)