FC2ブログ

瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

京都 古知谷 阿弥陀寺

古知谷阿弥陀寺

6/1(土)
京都にお住いのアレクサンダー・テクニーク教師・
坂口佳志江先生とご一緒に、京都大原を散策してきました。

左京区近辺や比叡山周辺の地理にお詳しい
坂口先生との女子旅は
新しい発見がたくさんあり
とても有意義なものとなりました。

大原の寂光院に訪れて、
その後に、古知谷 阿弥陀寺へ。

知る人ぞ知る、山の中の古刹です。

古知谷阿弥陀寺1

京都市左京区大原の北側に位置する古知谷(こちだに)。

阿弥陀寺は、浄土宗の寺院で、山号は光明山。
院号は法国院。

古知谷阿弥陀寺と呼ばれます。

雪が積もれば滑るだろうなぁ・・・なんて思いながら
坂道を上り詰めて行きます。

古知谷阿弥陀寺2

大きなカエデの木に出会いました。

樹齢約800年ということで、
京都市指定天然記念物に指定されているそうです。

古知谷阿弥陀寺3

カエデは、実相の滝に
屋根を作るかのように枝を広げています。

古知谷阿弥陀寺4

古知谷阿弥陀寺5

1609年(慶長14年)3月、弾誓(たんぜい)上人が開山。
弾誓は尾張国の出身で、9歳で出家後、諸国を行脚して修行の後、この地に来たとされます。

開山から4年後の1613年(慶長18年)5月23日、62歳で示寂。
弾誓は体質を樹脂化したうえで自ら石棺に入り即身仏となったと伝えられています。

この寺には巌窟があり、
石棺に弾誓の即身仏が安置されていますが
公開はされていません。

阿弥陀如来と、弾誓像が本尊。

本殿には金糸をふんだんに使った
鳳凰の幕で飾られていました。

庭には岩船が設置されています。
大原の来迎院と似てますね。

古知谷阿弥陀寺6

阿弥陀さん。太陽のようですね。


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2019/06/02(日) 10:33:06|
  2. 神社仏閣めぐり(京都)