FC2ブログ

瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

遠州・浜松の旅 part.13 天竜浜名湖鉄道 遠江一宮

遠江一宮1

さてさて、6/21.22.23と続いた
浜松の旅(2泊3日)の最終日です。

天竜浜名湖鉄道に乗って、遠江一宮までやってきました。

遠江一宮2

多くのハイキング客を乗せて、
空になった天竜浜名湖鉄道の列車です。

西鹿島から、どどどーーっとハイカーさんたちと乗り合わせて、
皆さんいったいどこで降りるの?大人の遠足なの?
掛川まで行くのかな?と思って見ていたら、
同じ場所で下車されて行きました。

遠江一宮3

遠江一宮のだいこくちゃん。

会いたかったよ~だいこくちゃん~。

(∩´∀`)∩

遠江一宮4

私は小國神社行のパスを待っていたのですが、
30分くらい駅で佇んでいると、掛川方面からやってきた列車から
次々とリュックを背負ったハイキングスタイルの老若男女が
改札から出て来られます。

そして臨時に授けられた関所(?)で待機する
オレンジカラーの門番の皆さまから
なにやらグリーンの用紙を手渡されて
ハイカーさんたちは一方方向へ歩き出していかれます。

いったい何ごと?
いったいどこへ?
大名行列かなにかでしようか?

遠江一宮5

オレンジの代表らしき年配の男性に、
お話を伺ってみました。

なんのイベントですか?と。

「普段は閑散とした駅なんだけどね~」
「今日はさわやかウォーキングの日なんだよ」

・・・とのお答えが返ってきました。

遠江一宮6

さわやかうぉーきんぐ???

私もチラシを頂きました。

JR東海と天竜浜名湖鉄道主催のウォーキングのようです。
全長約7.5kmの道のりを、所要時間・約2時間30分で
遠江一宮駅~遠州森駅のあいだの
神社仏閣を巡りながらわいわい楽しく歩くのだそうです。
だいたい月一ペースでやってるらしいです。

(´・∀・`) ヘー

結構楽しそう♪

「小國神社はコースに入ってますか?」 と尋ねると
「コースに入る時もあるけど、今回は入ってないね」 ということでした。

もしもコースの中に有ったら、スーツケースを預けて
私も途中までハイカーさんたちと一緒に
歩いていこうかなと思ったんですが。

ブラウス・フレアースカート・サンダルという、
この日の自分の恰好は
どう見ても装備の面でも浮きまくっているし
やっぱ、通りすがりの旅人のままで
ひとり参拝しようと思い直しました。

遠江一宮7

というわけで、
小國神社直通のパスが良い頃合いにやってきたので
私はパスで神社に向かいました。

乗り心地の良いマイクロバスで、
地元のお父さんらしき参拝者さんとふたりで貸切でした。
えぇぇ、、このバスに二人だけとは、ちと寂しいね。。。

遠方からの参拝者さんは
マイカーか、レンタカーとかで行くのかもしれません。

バスの車窓から、列を成して歩いている
ハイカーさんたちを見送りながら、バスは走り出しました。

遠江一宮8

天竜浜名湖鉄道は、日曜ダイヤでも乗り逃がしてしまうと
次が来るまで40~50分くらい待つ事に成ります。

帰りは、目の前で停まってて、
ドアが閉まって走り出す電車を
見送るハメになりました。

ちょ・・・!
待ってぇぇーーー・・・

と、慌てて追いかけたい気分になりましたが。

それを見ていた、ハイカーのお父さんが
「あちゃーーー逃がしたかぁ!?惜しかったなぁ~~!」と一言。

( ;∀;) しくしく・・・

まぁ、のんびり。
ひと休みしていけ、という事だっんでしょう。

遠江一宮9

これ、乗り逃がしたのんと、
同じやつですわ。。。

遠江一宮10

それにしても、イイ感じのローカル線です。

好きになりました。

遠江一宮11

遠江一宮12



テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2019/06/27(木) 22:53:05|
  2. 神社仏閣めぐり(静岡)