FC2ブログ

瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

瑠璃柳

瑠璃柳

懇意にして頂いてる仏像彫刻家の龍田果澄先生のお宅へ
組紐の河野先生と大橋さんとともに訪ねました。

玄関先に咲いていた綺麗な薄紫のお花に、ひと目で魅了されました。
このお花は、瑠璃柳(ルリヤナギ)というそうです。

松江の小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)旧居で
見かけてから気に入って育てておられるとか。
私の地元とも少ながらずご縁があることが嬉しいです。

見せて頂いた龍田先生の仏像は、
素朴で優しい表情と仕草が魅力的。
ご自宅にあったたくさんの仏像は、311震災後に
チャリティーとして巣立っていったそうです。

仏像と真言宗空海と瑠璃柳。
なんだか大事なキーワード。

瑠璃柳は、ナス科ナス属、半耐寒性常緑小低木、原産地:南アメリカ
別名:スズカケヤナギ(鈴懸柳)、ハナヤナギ(花柳)、リュウキュウヤナギ(琉球柳)
江戸時代に琉球を経由して渡来したそうです。

花言葉は、叙情、胸の痛み。

胸の痛みはないこともないけれど
いまは胸ではなく、歯です。
しくしくと歯が痛いです。

正確には、歯が有ったところ。
今日は抜歯をしました。

先日、ポロっと被せが取れてしまったんです。
太秦にある秦氏の旧跡を訪ねる、直前のことでした。

翌日、歯医者さんに行くと、「もう根元から抜くしかないですネ」と。
そして今日は、左真横の歯が1本、綺麗に抜かれて無くなりました。

抜けた空間には、新しいブリッジをかけてもらいます。 \( 'ω')/

歯は、その字からして、「光」を止(留)めているところ。
それは古い記憶なのかもしれないですね。
秦氏や弓月君のことではないかなぁ?
ひとつ蝕みが抜け落ちたので、
きっと変化があるでしょう。

龍田先生のお宅もスッキリと清浄な空間でした。
無くすことは良いことですよね。

また新しいものを作りたいので、
こんど瑠璃柳をイメージした紐を組んでみたいと思います。


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2019/09/17(火) 23:57:34|
  2. 散歩(神戸)