FC2ブログ

瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

南紀・出雲の旅 20. 伊勢神宮 内宮磐座

伊勢内宮1

1/22(水)~1/23(木)に行ってきた、南紀・出雲の旅レポートです。
武部正俊さん・名古谷雅代さん・柴本徳子さんと瑠璃の4人旅。
カタカムナとホツマツタヱで伝わる
和歌山で誕生したスサノオ神話を追い求めて・・・
それは、ヤタガラスさんの足跡を辿る旅でもありました。
---------------------

いよいよ旅のクライマックスです。

スサノオさんの神倉神社のゴトビキ岩、
イザナミさんの新宮有馬の花の窟・・・など
他にもたくさんの見どころいっぱいの聖地を参拝してきましたが
チームtakebeの弾丸だからこそ成し得た
贅沢な行程がてんこ盛りでお腹いっぱいの旅となりました。

やぁ・・・満足です。 

°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

伊勢内宮3

アマテラスさんのところへ行くのだから・・・と、願いつつ。

伊勢神宮の内宮に到着した頃には
神宮周辺の山はお日様に照らされて輝きを増し
雨も上がっていました。

嬉しいな♪

今回、駐車場近くの、
こちらの小さなお社に、はじめて参拝いたしました。

伊勢内宮2

伊勢神宮内宮は何度か来ているのに、
こちらのお社は、ぜんぜん気が付かなかったですね。

それもチームtakebeならではです。

私たちは、ほとんど樹木と磐座しか見ていません。
あはは。。。

本来の縄文祭祀の形態は
ここ伊勢の地でも
私たちに訴えかけてくれているのでした。

伊勢内宮4

寒気の桜。

もう終わりに近くて散りつつあるけれど
その儚さと可憐さに、思わず立ち止まる。。。

伊勢内宮5

入れる場所にあるにも関わらず
誰も立ち寄らないところ。

そこは磐座の宝庫で、
私たちは武部さんに教えてもらわなかったら、
ずっと気付かぬままでいたのかもしれない。

伊勢内宮6

この場に立つと、
ホツマツタヱの重要な部分が
色彩を帯びて甦るのです。

足を踏み入れなければ、 モノクロイメージなままでした。
聖地を歩いて見ることの重要さがよく分かる場面です。

伊勢内宮8

伊勢内宮9

伊勢内宮7

ホツマツタヱの36アヤ

トヨスキイリ姫から御杖代は垂仁天皇の皇女・ヤマト姫へとうつり、
各地を巡って、アマテルの神宝(鏡)は
伊勢の宮に永く鎮まるとこになる・・・というあの場面です。

そこに、アマテル神からの遺言を受けて
この地で待ち続けていたサルタヒコが登場します。

伊勢内宮10

ホツマツタヱの36アヤ

ふそふほしはす
すえやかに やまとめよしこ
ことしそひ かみにみつきの
みつえしろ わかこをやこか
ともなひて うすめかみくし
あくるとて おとすくしたに
としこえて いてたつはつひ
あけのはら いせたかみやに
いりませは おはとつかえて
なつきひめ かゐもてあにの
こといのる かれいゐのみや


みとせのち とよすきよはひ
ももみつて みつえならすと
みならわせ かねてねかえは
このたひは よしこおうちの
をみことし みたまけかつき
いゐのより いそへにうつし
しつめます

伊勢内宮11

よきみやところ
さにありと わかこおやれは
ゐすすかわ ふもやよろほの
さるたひこ わかこにいわく

われむかし かみのたまもの
さこくしろ うちみやにいれ
あらみたま やよろほまちし
かんたから あまつひつきの
さかほこき うつくしきすす
わいきたち かかんのんてん
ときまちて みちあらわせと

おほろけの ものならすかれ
こにもゑす そのぬしおまつ
これさつけ なかたうまれの
つちきみは もとにかえらん
もちかえり つけよ
とてさる

伊勢内宮12

おおわかこ かえりもふせは
やまとひめ うちにいたりて
みていわく 

これかんかせの
いせのみや みくさはまつる
みなもと
と 

いやまひかえす
あくらいし

伊勢内宮13

ふそむほの なつきそむのか

ををんかみ ゐそすすかわの
さこくしろ うちにわたまし

そなかのよ みたけはしらお
をさめしむ

伊勢内宮14

これすへらきの
みつからの たけのみやこに
そろいのり 

あめかせのふし
ほとよくて ゆたかになれ
と    
ふしやすみ いやまひもふす
みめくみや

伊勢内宮15

かみもよろこひ
つけいわく 

むかしわかすむ
さこくしろ しきなみよする
いせのみや なかくしつまり
まもるへし とよけのかみと
もろともそ 


やまとひめより
これおつく

おそれみちゑよ
うちみやは きみははのこお
めくむのりかな

伊勢内宮16

・・・ホツマツタヱ36アヤの、
このあたりの記述を見ていると
自然と胸と目頭が熱くなってきて
ウルウルしてしまいます。

五十鈴川で、顔を洗いたくなるような。。。

伊勢内宮17

夕日が映る、オーロラ・アークな五十鈴川です。
とても美しかった。

内宮の磐座に出会えなければ、
こんなにもこの場面が大切とは気づけなかったと思います。
鮮やかに豊かにイメージが甦る事もなかったかもしれません。

内宮はやっぱり、イワクラを含めて
とても特別な場所だと感じました。

武部さん、連れて来て下さって
ありがとうございます。\( 'ω')/

伊勢内宮18

身体がすっかり冷え切ってしまいました。
おかげ横丁のお土産屋さんは、
暗くなり、どんどん閉店していってます。

出来立ての、あったかい赤福のぜんざいを
みんなで美味しく頂きました。

は~ 満足ですぅ♪



テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2020/01/28(火) 20:11:34|
  2. 神社仏閣めぐり(三重)