FC2ブログ

瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

カタカムナ平和の詩

廣田神社ツツジ絵馬

本日も西宮の廣田神社へ参拝しました。

コバノミツバツツジの絵馬が満開で、
冬でも華やぎがあって心が和らぎます。

参道の掲示板には、2月の言葉として、
大伴旅人の和歌が紹介されていました。

わが園に梅の花散るひさかたの
天より雪の流れ来るかも


今年は暖かくて阪神間では雪が降りませんが
なにかが暗示されている歌なのかもしれません。

雪の結晶=六芒星
西宮の市章でもあります。

廣田神社鏡守り

広田山荘で今日も女神庵の能楽稽古です。

私はもともと喉が弱くて、発声自体に
長らくコンプレックスを抱えていたのですが、
何度か舞台に立たせていただき
少しずつ自信がついてきました。
発展途上の私が言うのもアレですが、
誰もが真心で謡えば、きっと上手くなると思います。

これからの謡いの上達を願って、
廣田神社の鏡守りを身に付けることにしました。

愛・調和・幸せの渦を起こし、
私たちは歌で世界を変えてゆきます。

また、カタカムナと能楽のコラボレーションにより
令和時代に花開く 歌を通して拡げてゆく
世界に大調和の渦を興す時です。

観世流梅若派の井上和幸先生が
緑幸会から「カタカムナ平和の詩」を謡い、監修されました。
この詩は、カタカムナ言霊伝道師の吉野信子先生の原案で
和幸庵の黒田順子先生が作詩されています。

2018年、冬至の頃。イスラエルにて、
日本から旅立ったカタカムナ学校有志の方々により謡われ
現地で聴いてくださった、ユダヤの兄弟姉妹の魂である人々に
大絶賛されていた「カタカムナ平和の詩」です。

このたび緑幸会より動画を公開されましたので、
ぜひ御覧ください♪



カタカムナ平和の詩 千人プロジェクトについて
京和文化協会


『カタカムナ平和の詩』の意味を伝えて下る方、
謡い舞ってくださる方千人で、平和な世界への反転を!

『冬至に、インターネットで日本中、世界の方々を繋いで、
一緒に大合唱し、潜象の世界に響かせ反転の現象化を!

カタカムナリトリート〜千人プロジェクト
和幸庵Facebookページ




テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2020/02/06(木) 21:38:31|
  2. 能楽・女神庵