FC2ブログ

瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

2020七夕 秋葉神社下社と天竜川

七夕秋葉神社下社1

七夕の日に、私は毎年、秋葉神社に思いを寄せています。

今年はふと思いついて、7月7日に思い切って出かけよう、と決意しました。

去年の夏至に秋葉の神様にお参りしてから、
一年が経過して、叶ったことがいくつかありました。

能楽師・井上和幸先生の「カタカムナ平和の詩」CDがリリースされ、
カバーイラストを、私の龍と鳳凰イラストを使っていただき、
それは秋葉神社上社の金鳥の御神徳でもあると気が付いたこと。

また、コロナ禍の最中に、牧野持侑さんの「369みろく」
クリスタルボウルCDにも花を添えることができたこと。
こちらは、秋葉神社に近い天竜壬生ホールでレコーディングされていました。

7月7日。今年は七夕の日にお礼参りができる。
それは私にとっては大きな喜びでした。

今年は心強いことに、浜松で新婚生活をおくるYukiさんと彼女の御主人が
私と一緒に参拝してくださることになりました。
あぁぁ、ありがたいですぅーーー。(≧▽≦)

なにかが変わりそう。
そう思えて、嬉しかったです。

七夕秋葉神社下社2

上社のほうは、土砂災害の警戒のためか、通行止めで断念。
天竜川も、濁流が渦巻く暴れ川となっていました。

こんな日に参拝するのは、私たち三人だけ。
独りぼっちだったら、もっと心細かったと思います。

拝殿の横には、
さすがの火の神・カグツチさまを祭る神社なだけあって
超巨大な火箸が架かっています。

「十能」(じゅうのう)という、炭を運ぶための道具です。
鍛冶場にも必要であったはずの身近な生活用具。

天竜側周辺は、出雲系の神様の気配を感じられます。

秋葉神社下社5

そして修験道の、天狗さんの場。

去年の大嘗祭の頃に
賀茂の磐座を祭る神社の宮司さんが仰っていたけれど、
天狗さんはニギハヤヒさんの眷属とのことです。
サルタヒコさんの象徴でもあるよね。

天狗さんは神通力を持つとされています。
善悪の両面を持つ妖怪もしくは神。

天狗さんは大活躍ですね。
前回来ここに来た時に、いちだんと仲良くなれた気がします。
これからもよろしくね。

七夕天竜川

去年の夏至に来たときは、
綺麗なラムネ色した優美な姿の天竜川でした。
キラキラしていて、パスを待つ間、
いろいろなことを考えながら眺めていました。

今回は土砂降りの雨で、暴れ天竜になっていました。

早朝、浜松駅に着いたときに、通りすがりのビルから
森高千里さんの「雨」が流れているのを聴きました。
ちょっとメランコリックになり。
天竜川を見ていて、この数年の出来事を振り返り
雨にまじって、泣きそうになりました。



太陽燦燦の季節は、もうすぐ。
憂鬱も、戻れない過去も、みんなみんな反転させていく。

゛輪っか゛はぐるぐる同じところを回っていくだけだけれど、
゛渦゛は登ることも下ることもできる。
好きな世界線を選んで進んで行ける。

カラッと晴れた心で、私らしく歩いていこう。
太陽いっぱいの梅雨明けが待ち遠しいな。



テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2020/07/10(金) 00:19:16|
  2. 神社仏閣めぐり(静岡)