FC2ブログ

瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

鰐河神社 【高松】フトマニカード発売記念☆ スペシャル神社ツアー3 

鰐河神社1

2月23日(火)
【高松】フトマニカード発売記念☆
スペシャル神社ツアーが開催されました。

イベントの詳細です。
https://www.reservestock.jp/events/526565

今回のツアーのテーマは
『神々とのキズナをキヅク』

フトマニカード制作者のアッキーと瑠璃さんをお供に、
讃岐國一宮の田村神社、
讃岐七冨士の一つ白山神社、
神武の父ウガヤフキアエズを祭る鰐河神社を巡り、
神々のメッセージを頂きながら、
参加者みなさまと神々とのキズナをキヅイテいきます。

-----------------

今回のツアーのラストです。

香川県木田郡三木町に鎮座する
鰐河神社(わにかわじんじゃ)に参拝いたしました。

すでに15時過ぎになっていたでしょうか。
日暮れが迫ってきています。

鰐河神社2

「わにかわじんじゃ」と呼ばれる神社は、
近くにもう一か所鎮座されているようです。
こちらの鰐河(わにかわ)に対して、もうひとつは和爾賀波(わにかわ)

宇佐神社もあり、ウサギとワニが絡む大国主命の国譲り神話が
ここにも存在していて面白いですね。(^o^)

鰐河神社17

さっき登っていた白山も鰐河の諭社ということで、位置関係はこんな感じ。

弓弦羽・諭鶴羽の地名も、
ワニとウサギが関連しているのかな?
ふとそう感じました。

鰐河神社3

御祭神は、豊玉姫命と応神天皇です。

創建時期は不明。

鰐河神社6

社伝によると、
豊玉姫命が亀に乗って讃岐国山田郡潟元(屋島付近)に上陸し、
鵜葺草葺不合尊をこの地で産む。その後鰐に乗って川を遡り、
この地に上陸したという。行基がこの地に創建したという。

延喜7年(907年)に八幡神を配祀し、高岡八幡とも称していた。
また神仏習合により別当寺として応神寺が創建されている。

明治元年(1868年)の神仏分離で応神寺は廃止される。
明治5年(1872年)鰐河神社に改称され郷社となる。

鰐河神社5

ワニに乗ってる豊玉姫。(^o^)

鰐・亀・葦・筏・・・・
いろんな種類の船があります。

豊玉姫は南方からこの地に、
一族を率いて大船団で上陸したのかなと思います。

ホツマツタヱにも船で移動した話が多く語られています。
豊玉姫は比喩的なストーリー満載で謎に包まれていますが。

鵜葺草葺不合尊の生誕地とされる場所。

そういえば、私たちが参拝しているときに
「赤い鳥」がここにやってくるからと
近隣の人たちが車数台でバードウォッチングに訪れていました。

その場で聞いた赤い鳥は、
正確な名前を忘れてしまいましたが、たしか赤いと言ってました。

黄昏時が過ぎると、
いっせいに引き上げていかれましたが・・・

そうか・・・!
いまから考えると、その「赤い鳥」は、
産まれたての赤ちゃんウガヤのサインだったのかもしれませんね。

どんな鳥なのか、確認できませんでしたが
定期的にそうして観察しに来ているひとたちがいることは
この場所が大事に護られてきた証なのかもね。

鰐河神社7

琉球の置物のような狛犬さん。
獅子舞の獅子みたいでもあります。

鰐河神社8

素婆倶羅さま。

大国主命と少彦名です。

鰐河神社9

塞神かな。
田村神社でも、ひっそり祀られていたような。

鰐河神社10

本殿の横には、ピンクの椿の大木があり印象的でした。

もう終わりかけですが、綺麗ですよね。

ピンクのツバキの花言葉は
「控えめな美」「控えめな愛」「慎み深い」

西洋・英語の花言葉
「longing(恋しく思う)」

True love begins when nothing is looked for in return.

鰐河神社11

本殿の裏手に回ると・・・
ここに来る前に登っていた白山が見えました。

鰐河神社12

ヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

日の丸の旗がくっきり!

お子様ランチ!お子様ランチ!

祝日には、鰐河神社に参拝してここから撮影してみてください。
めっちゃ映えます☆

鰐河神社13

こちらは玉依姫の祠です。
玉依姫は豊玉姫の妹で、神武天皇のお母さん。

最後は玉依姫の祠の前で
カードリーディングとヒーリングをしました。

最後まで参加していた
れいちゃんは九州に縁が深い方だし、
よっちゃんは姉妹の日常を私たちに語ってくれていました。
もしかしたら豊玉姫と玉依姫が語らせてくれていたのかもしれません。

鰐河神社14

すると「サコクシロ」がメッセージに顕れました。

中御座 (北極星) を中心にした
八方=ト・ホ・カ・ミ・ヱ・ヒ・タ・メの
天元神が位置する座のことです。

渦が3つも。

コ=9・九神・弧・arc
サ=南・差・左・桜

皆の中心には、豊玉姫と玉依姫がいて
私たちを導いてくださっているということです。

鰐河神社15

いま必要な言霊に導かれて、
必要な場所にあてて
ヒーリングしていくと癒しが起こってゆきます。

あとで写真を見てみると、
頭と肩のあたりに青い光が映っていました。

その部分・左肩を実際にちょっと痛めていたんですよね。

鰐河神社16

最初に選んだカードに、
裏側のカードを開いて、読み取りに加えていきます。

すると、「かなう」という言霊が出現しました。

シンプルに思ったことが「叶う」というサインですね。

泣いたり笑ったりの開放ワークとなった今回の旅ですが
最後の最後は、すべてよし☆彡でしたぁ~。

-----------------------

太陽の言霊ヒーラー・あっきーさんが
メインでご案内くださるツアーなだけあって、
祝詞奏上、歌、言霊ワークに加えて
フトマニカードを使ったリーディング・メッセージの読み取り
必要なヒーリングをしていく盛りだくさんな内容となっていました。

早朝から集まって、ゆるゆると3か所を巡るだけでも
かなり満足感が得られるツアーとなっています。

私はこれまで、六甲山周辺をガイドすることが多かったのですが
神社ツアーは、一期一会の思い出となり、皆の心に光を灯してゆきます。
神縁御縁で結ばれて、新しい扉が開かれてゆく・・・すべてが楽しい経験となります。

私はリーディングの精度を、今後も高めてゆきたいと思いました。
皆がなにを思って集うことになったのか・・・
そのストーリーのひとつひとつに寄り添うことで
見えてくるものがあります。

その場では気づかないことも多いのですが
こうして書いて振り返ると、深い気付きと次へのステップに繋がります。

風の時代を迎えた今、皆が得意を持ち寄って、
その場で神々との対話や読み解きをシェアしていくスタイルは
これまでのツアーをレベルアップさせて、
よりマジカルチックでワクワクするものへと変容してゆくでしょう。

『神々とのキズナをキヅク』のテーマ通りに、
私たちを取り巻く森羅万象の神様との対話を大切にしつつ
私たちの心身もまた神殿であると気付かされる(築かさせる)
とても有意義な旅となりました。

フトマニカードの使い方も、
なんとなく掴んで頂けたのではないかと思います。

今回の高松のツアーで出会ってくださった皆様。
お世話をくださった運営側の皆様。

皆さまにありがとうございます。

フトマニを通して
これからも一緒に光を広げてゆきましょう。ヾ(*´∀`*)ノ


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2021/02/27(土) 12:23:16|
  2. 神社仏閣めぐり(香川)