瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

熊野三山Part.4 「熊野那智大社」

熊野三山・詣での旅

最後は熊野那智大社です。

熊野那智大社1

那智の名の通り、那智の滝はすぐ近くです。

この神社の隣に、西国33ヶ所霊場の第一番札所である「青岸渡寺」があり、
そこの見晴らしから滝を眺めることができるという、熊野三山の名スポットであります。

熊野那智大社2

以前訪れた時には、拝殿も本殿も工事中でした。

西国霊場巡りをしていた頃・・・かれこれもう15年前のことです。
ここに訪れたのは、それ以来です。

隣の青岸渡寺に訪れるのが目的だったこともあり、
那智大社のほうは完全スルーだったので、記憶の端にも引っかかっていませんでした。

拝殿はあらためて見てみると、確かに綺麗ですよね。
15年前に生まれ変わっていたのだなぁ。。。

主祭神は、熊野夫須美大神です。

熊野那智大社5

それでも、この木だけはとても印象に残っていました。
スルーしていた15年前の記憶も、この木を見てから沸々と蘇ってきました。。。

教えてくれるのはいつだって建物よりも自然木。
不思議なものですね。

熊野那智大社7

「樟霊社 胎内くぐり」

この老樟は古来樟の精にあやかって樟霊社とし、無病息災と長寿を願って崇め立てられてきました。
根幹部の空洞を通り抜ける「胎内くぐり」には、備え付けの護摩木に願意・氏名を記入し
これを奉持して胎内に入り出口にある護摩社に納めます。
護摩木は毎月18日の権現祭に炊き上げ祈願されるそうです。


熊野那智大社8

私は、眺めてみているだけでしたが・・・

熊野那智大社10

なんとも存在感のある樟です。
実際に目の当たりにしたら、圧倒されると思いますよ。

この木にも、母の胎内のような温かさを放っているように感じます。
かなりの老木ですが、たくさんの人々を護って、そして護られてきたんですね。。。

テーマ:スピリチュアル・ライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2009/12/14(月) 16:04:04|
  2. 神社仏閣めぐり(和歌山)