瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

桃尾の滝(もものおのたき)

昨日の記事の続きです。

石上神宮(いそのかみじんぐう)に参拝した後で、奥の院へとやってまいりました。

桃尾の滝1

小さな祠がたくさんありますが、滝なのです。

桃尾の滝(もものおのたき)です。

石上神宮から歩いて山登りできますが、
近くにはバス停もあり、専用駐車場もあるので、車での参拝も可能です。
どうせなら、ゆっくりと歩きたい道です。
しかし、この日は体調が万全ではなく、楽々ドライブコースとあいなりました。

到着してみると、やはり深い山の中です。
雪が良い感じに降り積もっています。

桃尾の滝2

桃尾の滝は、布留川の上流桃尾山にあります。

このあたりは、和銅年間、義淵僧正によって開かれた桃尾山蓮華王院龍福寺の境内地でした。

龍福寺は、中世には 寺領五百石を有する真言密教の大道場として栄えていました。
(しかし、明治には廃仏毀釈例により廃絶)

桃尾の滝5

高さ23mです。

23=シリウスナンバー
真言密教=空海さん

滝の中と周囲には、お不動さんがいっぱいなのも、お約束。

桃尾の滝6

桃尾の滝は「布留の滝」として古今和歌集にも詠まれた景勝地でした。
1688年(元禄元)には芭蕉もこの地を訪れています。

また、古くから行場として知られ、7月の第三日曜日には、
夏の安全を祈願して「滝開き」の神事が、石上神宮の禰宜さんにより行われているようです。

この滝で禊ぎをして、さらに奥へと続く大親寺(ニギハヤヒさん縁の国家鎮守の寺)へとお参りするのです。


桃尾の滝8

鎌倉中期の秀作・不動三尊麿崖仏です。

南北朝時代前期の当時の面影を感じ取ることが出来るでしょうか。

桃尾の滝9

おぉっ!?

弥勒菩薩さんですか!?


・・・と思ったら

どうやら如意輪観音さんのようです。

見た目は弥勒さんっぽいですね。

融通如意輪観音さん

こちらは、兵庫県西宮市にある甲山・神呪寺(かぶとやま・かんのうじ)秘仏・融通如意輪観音さんです。

そっくりだと思いませんか?

昨年、ご開帳の日に実物を見に行ってきましたが、
とても女性的で色っぽい官能さま、いぇ、観音さまでした。
空海さん作・真井御前さんがモデルの観音さまです。
たくさんの愛が籠もっている観音さまなのです。


↓ちなみに、神呪寺と空海さん・秘仏・融通観音さん関連の記事はこちらです。

甲山大師・神呪寺(かぶとやまだいし・かんのうじ)
http://ruri87.blog18.fc2.com/blog-entry-142.html

甲山大師・神呪寺(かぶとやまだいし・かんのうじ) part.2
http://ruri87.blog18.fc2.com/blog-entry-150.html

まさか、この桃尾の滝にもいらっしゃるなんて。

空海さんはあちこちに和合の象徴を残し
そこに真言密教の教えを込めて行ったんだなぁ・・・。

いゃぁ・・・すごい・・・すごすぎだよ・・・。

関西だけでも、その道程はほんとうに多岐に飛んでいます。
限られた時間に、後いくつ、廻ることが出来るのだろう?

それを追いかけていくのは、面白くもあり、険しくもあり、やっぱり宝探しのようでワクワクしてきます。

桃尾の滝10


動画もどうぞご覧ください。



テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

  1. 2011/02/13(日) 11:41:18|
  2. 神社仏閣めぐり(奈良)