瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

出雲国(いずものくに)

お久しぶりです。

いままで、出雲に帰省していて
本日、神戸に戻ってきました。

今回もあちこち散歩してきたので
時間がある時に名所旧跡をご案内しようと思っています。


「出雲国」といっても、とても広いです。

私の出身地は 「出雲国風土記」の中では
楯縫郡(たてぬいのこおり)という場所にあたります。

楯縫郡は出雲市の旧平田市の大部分で
郷が4つ、里(こざと)が各郷に3つずつ(計12)ありました。
出雲国では、もっとも小さかった郡です。
(島根半島の中央部から西寄り)

出雲国地図

楯縫(たてぬい)の名は
天御鳥命(あめのみとりのみこと)さんが
出雲大社の飾り用祭器として
楯を作り始めたことが由来となっています。


出雲大社の周辺だけが出雲ではありません。

今回は、楯縫(たてぬい)の良いところを
少しだけ、紹介してみようかと思っています。
ブログを通して、その魅力の一端を感じて頂けたら幸いです。


-------

動画は、斐伊川(ひいかわ)です。
島根県仁多郡奥出雲町の船通山を源流とする一級河川です。

古事記では肥河(ひのかわ)として紹介されています。

古くから度々洪水が起こることで
八岐大蛇(やまたのおろち)伝説の元になったという説もあります。

私のイメージも龍の血脈です。
子供の頃に、この川で泳いだことがあります。
足を浸けていると、砂に埋もれていく感触が気持ちいいんです。

テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

  1. 2011/04/06(水) 16:01:53|
  2. 神社仏閣めぐり(島根)