瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

勝手神社(かってじんじゃ)

吉野八社明神のひとつ、勝手神社(かってじんじゃ)です。

金峯山の山の入口にあるので、山口神社とも呼ばれています。


勝手神社1

・・・って、入れないし。

アワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ

どーして??


御祭神は、大山祇神さん、木花咲耶姫命さん、他三神。

創祀年代不詳。

「日雄寺継統記」によると、孝安天皇6年(紀元前386年)の創建とされています。

勝手神社2

社殿は、豊富秀頼により慶長9年(1604)に改修。

正保元年(1644)12月に焼亡。
翌2年に再建。

明和4年(1767)またしても焼失。
平成13年9月27日 今度は不審火により焼失。

御神体は、近くにある吉水神社に仮遷座されています。


(´;ω;`)ブワッ

なんでそんなに、火災に見舞われているのでしょうか。。。
可哀想になってきました。

ちょうど吉野山のメインストリートだし。
分岐点に建ってるし。
いろいろなエネルギーの交流地点になっているのかもしれませんね。
そんな場所って、いろいろありますよね。

神社や寺の火災や焼失は、
なんらかの無視できない大切なメッセージが秘められているような気がしてなりません。
時代を遡っていくと、なにか共通点が見えてくるのかもしれませんね。

勝手神社3

近くに、紫の木蓮ちゃんが咲いていました。

勝手神社4

文治元年(1185)の暮れのことです。

源義経と雪の吉野山で涙ながらに別れた静御前は、従者の雑色男に、金銀を奪われてしまいます。
さらに、山中をさ迷っているところを追手に捕えられてしまいました。
この社殿の前で、雅た姿で法楽の舞をまい、居並ぶ荒法師たちを感嘆させたとう話が伝えられています。

吉野には、いろいろな伝説がるようですね。

勝手神社5

千本桜の小径を抜けて、如意輪寺まで散歩します。

吉野桜を愛でる旅。

もう少し続きます。

テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

  1. 2011/04/22(金) 20:57:26|
  2. 神社仏閣めぐり(奈良)