瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

金峯山寺(きんぷせんじ)

吉野山の千本桜を見に行きました。

観光スポットである吉野桜で有名な吉野町は
古くから修験道の地として知られていて
たくさんの神社仏閣でいっぱいです。

その代表的な寺院が
今回ご紹介する金峯山寺(きんぷせんじ)です。

金峯山寺1

金峯山寺2

金峯山寺3

金峯山寺4

金峯山寺5

金峯山寺は、天台宗単立の寺院です。

さすがの、修験道の本山です。
中央にある蔵王堂。
ここは威風堂々としていて、とっても風格のあるお堂だなぁ・・・と感じました。

中にはいると、ほんのりと冷気が漂ってきました。
心地よい風を感じます。
ほんとうは風は吹いていないけれど。。。

金峯山寺7

御本尊は蔵王権現さん。

開基(創立者)は、役小角(えんのおづぬ)さんと伝えられています。


南北朝時代には、吉野は、南朝の中心地でした。

「金峯山」とは、単独の峰の呼称ではなく
吉野山(奈良県吉野郡吉野町)と
その南方二十数キロの大峯山系に位置する山上ヶ岳(奈良県吉野郡天川村)を含む
山岳霊場を包括した名称であったようです。

吉野・大峯は古代から山岳信仰の聖地だったので
和歌山県の「高野山」から「熊野三山」を結ぶ巡礼路へと繋がっていくのでした。


廻りきれないですが、巡礼してみたいなぁと思います。
大和国と紀伊国には、とても魅力的な山々が連なっています。

金峯山寺9

観音堂と愛染堂です。

金峯山寺10

あちこちに、映画「ブッダ」の広告が。。。
手塚治虫さんの原作漫画がアニメ映画になったんですね。

こちらの社務所では、チケットが特別価格(1000円)で売られていました。

春の特別拝観で、ここ蔵王堂で
黄金に輝く、釈迦如来さん、弥勒菩薩さん、千手観音さんがご開帳されていました。
三尊さんとも、素敵なゴールドのアルカイック・スマイルでした♪

ブッダの割引鑑賞券は、それにちなんだゴールドチケットなのでしょう。

思わず購入してしまいました。
なにかシンクロがあるのかも?
そんな気がしてしまいます。^^

5月になったら、映画を見に行こうっと♪

金峯山寺11

金峯山寺12

天満宮です。

金峯山寺13

金峯山寺14

お稲荷さんも。^^

金峯山寺15

金峯山寺16

蔵王権現さんは、
釈迦如来さん・千手観音さん・弥勒菩薩さんの三尊が
過去~現在~未来の三世にわたって、衆生を救済するための、仮のお姿なのです。

蔵王権現さんは、
不動明王さんのような、厳しい憤怒の相をしていらっしゃいます。
容赦のない悪魔降伏を顕したお姿は、本気の救済と立て直しを願うお姿です。

恐ろしさ
怖さ
厳しさ

そのお姿と、本来のお優しさは、表裏なのです。

闇の存在に見えても
光の存在に見えても
そのどちらもが
如来さんと観音さんと菩薩さんの、真の光の姿なのです。


いま、私たちが見ている世の中は

光は、闇のように
闇は、光のように

表裏を成して、存在しています。

確かな心眼がないと、
それを見抜いて進んで行くことはできません。


進むべき魂の道は、ひとつです。

「光の道」
「闇の道」

世界はふたつです。

どちらかを、自分で選んでいかなければなりません。

光は、闇のように
闇は、光のように

その側面を見極めて
ほんとうの光を見抜いて
進んで行くのは、自分自身です。

これを人任せに出来ますか?
依存心を抱えたままで、選ぶことが出来ますか?

私たち人間も、蔵王権現さんのように
闇と光の表裏をもって、物事のすべてを見つめていけたのなら
進むべき方向へと、迷わずに進んでいくことができるはずです。

自分自身の、確かな澄んだ目で、ほんとうの光を見出して進むのです。

ひとりひとりの魂の選択が
幸せなものでありますように

そのようにお見守り下さいと
蔵王権現さんにお祈りしてきました。

テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

  1. 2011/04/23(土) 12:28:44|
  2. 神社仏閣めぐり(奈良)