瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

東明八幡神社(とうみょうはちまんじんじゃ)

神戸市東灘区の御影塚町にある
東明八幡神社(とうみょうはちまんじんじゃ)です。
処女塚古墳(おとめづかこふん)のすぐそばにあります。

東明神社2

鳥居が金ピカです。

*。・+(*゜∀゜*)+・。*

もっと天気が良かったら、もっとピカピカ光って見えるんですよ。

東明神社6

本殿は工事中でした。

御祭神は、応神天皇

東明神社4

大神様が見てござる

えっ Σ(゜Д゜;≡;゜д゜)ドコドコ?

東明神社8

1700年の昔。
神功皇后が朝鮮半島へ船出の際に
武内宿禰大臣が皇后の健勝を祈ってこの地に松を植えられました。

江戸時代には、幹周り5メートルの巨木になったそうです。

明治の頃には老木となり、枯れてしまいました。

幹はこちらに祀られています。↓

東明神社7

武内松の老木・・・見えるかな?

ちょっと分かりづらかったですね。(´∀`)ゝ”

東明神社9

こちらが現在の武内松。

3つに大きく枝分かれしています。
どうして3本になって伸びていったのかな??

植物の成長って不思議ですね。



東明八幡の由来は・・・

・武内宿彌が、魚崎で軍船を造るのを、この付近から「遠目」に見ながら指図したから
・荘の中心から遠くに見えたため
・「遠目」が訛った
・処女塚(おとめづか)の「処(おとめ)」が訛った

などなど、諸説あるようです。

東明でも、だんじり祭りが賑やかです。

テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

  1. 2011/06/14(火) 20:44:18|
  2. 神社仏閣めぐり(兵庫)