瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

魚崎横屋八幡神社(うおざきよこやはちまんじんじゃ)

横屋八幡1

今日もめっさ近所にある八幡さんへお参りしてきました。

魚崎横屋八幡神社です。

神戸市東灘区魚崎北町2丁目
阪神電鉄「魚崎駅」下車 東北へ5分ほど歩いた頃にあります。

こちらは南側の鳥居。


魚崎(うおざき)=魚の集う崎

横屋(よこや)=「神主」を意味する言葉


昔は、五百崎八幡と呼ばれていました。

五百崎=魚崎 です。

以前にもどこかに書いたと思いますが、五百崎の名前の由来は 一説には
神功皇后征韓の際に、諸国に命じて船を作らせたところ、武庫の水門に500隻が集まったという話から来ているそうです。

灘や東灘には、神功皇后由来の地名が多いみたいですね。

横屋八幡2

東の鳥居。七五三参りも今の時期ですね。。。

横屋八幡3

はらはらと舞い落ちている落ち葉が
踊っているようにみえました。

風とか吹いていないんですけどね。。。

カメラを地面にべったりくっつけて撮りました。
なんとなく、こういう角度で見たい景色だったから。

綺麗に掃き清められた神社は、清々しくてとても素敵。

めぐる命を感じていられる、こういう落ち葉の舞い散る自然の姿も好きです。

横屋八幡4

鳩さんが一羽。

すぐ近くに大きな公園があります。
そこにいけば、たくさんの鳩さんがいます。

鳩さんもきっと、ひとりきりになって
物思いに耽りたくなる時があるのかもね。。。

少し距離をとって歩こうと思った・・・

・・・けど

ずっと私の視界の中で歩いていて
ほんとは構って欲しいのかな~・・・とも感じました。(*´∀`*)

ほんとのところは、わかんないですけどね。。。

横屋八幡5

かわいい、松ぼっくりの和合ショット♪

○__○
(o・囚・o)

クマっぽい。。。

こんなことするお茶目さんは、一体どんな人なのかな~。
頭の中でプロファイルしてみました。

子供なのかな・・・
案外、普通のおとーさんとかだったりしてね。。。(* ̄m ̄)

横屋八幡6

蛇×鹿

横屋八幡7

横屋八幡8

横屋八幡9

櫻正宗が奉納されていました。


櫻正宗は、灘五郷の一つで、魚崎郷が本拠。
1625年(寛永2年)兵庫県池田荒牧村(現・伊丹市)にて創醸し、1717年(享保2年)創業。

六代目当主・山邑太左衛門は酒の仕込み水として全国的に知られる宮水の発見者とされています。



山邑家といえば、、、、芦屋に有名な邸宅がありました。

アメリカ人建築家・フランク・ロイド・ライト (Frank Lloyd Wright) 設計の、和洋折衷の瀟洒な邸宅です。

現在は、国の重要文化財となり「ヨドコウ迎賓館」と呼ばれ一般公開されています。

ヨドコウ迎賓館


そうそう・・・

この「ヨドコウ迎賓館」での「雛人形展」に訪れたことが、すべての始まりでした・・・

ここでの「雛人形展」で、明治天皇の貴重な雛人形を見た時から、始まっていったのでした・・・


明治天皇雛人形

今に繋がる深遠な 時空を越える調律の旅

このブログを書き始める前 2009年春のことでした。


明治天皇

あの日 あの時 明治天皇の面影を映す人形に出逢って
揺さぶられて 導かれて 歩き始めた・・・
それがはじまり・・・

私の新たな旅立ちの、はじまり。


ここに書いてきたことは
一見バラバラのようでいて 繋がっています。
パズルのピースを埋めるように 繋がっています。

それを言葉にするには、難しすぎるけれど・・・

パズルのピースは
なんとなく埋まりつつあるのだろうか・・・

でも私には その全体は、みえてきません。

簡単に見えるわけがないんです。

なぜなら、たくさんの 見える存在、見えない存在
多くの存在たちが協力しあって、創り上げているのだから。


同じ志しを持つ
みんなでいっしょに創っているよね。

櫻

はじまりの頃の
いろいろなことを思い出していました。

テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

  1. 2011/11/29(火) 18:07:32|
  2. 神社仏閣めぐり(兵庫)