瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

魚崎猿田彦神社(うおざきさるたひこじんじゃ)

猿田彦神社1

魚崎猿田彦神社へとやってまいりました。

さっきの、魚崎横屋八幡神社とは、目と鼻の先です。

ともに住所が
神戸市東灘区魚崎北町2丁目
ですから。

ここも住宅街で、どうがんばってみても、
周囲の住宅が写ってしまい・・・
大変申し訳ありません。。。σ(^◇^;)

猿田彦神社2

周囲の景観と馴染んでいます。
庶民的なお宮さんです。

こういうお宮さんが近所にあると
散歩がてら、気軽にぶらっと訪れたりしませんか。

猿田彦神社3

主神  猿田彦大神
相神  午頭天皇(素戔嗚尊)  大己貴命(大国主命)

猿田彦神社4

お稲荷さんには、菊正宗の酒パックが御供えされていました。

さっきの、横屋八幡神社の櫻正宗に対して、こちらは菊正宗ですか。。。


「櫻正宗」と「菊正宗」は、似ているけれど、違う会社です。

どちらも灘五郷を代表する酒造会社で、老舗中の老舗です。


櫻正宗 = 魚崎郷 山邑家(ヨドコウ迎賓館) 春の園遊会で招待者に配られる

菊正宗 = 御影郷 嘉納家(白鶴酒造の本家) 秋の園遊会で招待者に配られる



櫻の春
菊の秋

みごとに対比していて、興味深いですよね。(*"Д")

ちなみに、最初に正宗と命名したのは櫻正宗のほうで、名刀の代名詞「正宗」からの由来だそうです。
その心は「切れ(キレ)」が良い♪


また、「櫻正宗」と「菊正宗(白鶴酒造も)」は、1927年に灘中学校の設立に関わっています。

灘・東灘の地域の発展には、老舗の酒造メーカーが深く関わっています。

どこの神社にも、酒樽の奉納でいっぱいなのです。


・・・神戸の歴史は、お酒の歴史を辿っていくと、いろいろと見えてくるものがありそうですね。

猿田彦神社5

狛犬さんは、後ろ姿が好き~。

背中がセクスィーだから♪ (*´Д`*)

猿田彦神社6

黄金のカエルさんと、赤いカエルさんを見つけた♪

トトロみたいで可愛いと思いました。 (*´Д`*)

猿田彦神社7

薬師如来さんが入ってるシブ柿ですって。(*"Д")

シリウスブルーだよ。。。

最強のお守りストラップかもしれないですね。。。

えぇ、、、きっとね♪

西条柿2

シブ柿とは、私の故郷・山陰は出雲が誇る「西条柿」のことです。

↑↑↑ これは私の実家で出荷している西条柿です。

ねっ 同じでしょ??? d(^-^)

西条柿は、もともとはシブ柿なのです。

そのまま食べると、とてもしぶいのですが、
収穫してから一定期間、ドライアイスとともに袋詰めし密封して出荷することで
お届けする頃には、食べ頃の甘くて美味しい柿へと、変化変容させることができるのです。

なんとも摩訶不思議な、変容柿なのです。

皆様に、いちどご賞味して頂けたら・・・と思います。

今年の旬は、とっくに終わってしまったので
これからは、干し柿としてお召し上がり頂けたらいいかなと、思っています。

お店で西条柿の干し柿を見かけたら、ぜひ食べてみてくださいね♪


・・・って

思いっきり宣伝しちゃった♪ (´∀`)ゝ”



なにがなんだか~・・・な、神社巡りですが
きっとこれも、パズルのピースになっているのかもしれないですね。。。

テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

  1. 2011/11/29(火) 20:27:15|
  2. 神社仏閣めぐり(兵庫)