瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

護国のたまゆら

弥勒の木洩れ日3

2011年もあとわずかですね。。。

波乱怒濤の連続だった2011年。

社会的にもそうでしたが
私個人にとっても
様々な方向へと揺さぶられた
大変な一年でした。

進化を望む魂さんであれば、どんな逆境にあっても
自らの中に光を見出し、気丈に前を向いて進んで行かねばなりませんよね。

旧世界の中で生きるのか
新世界へと羽ばたくのか

それは他の誰にも介入出来ない
誰にも介入させてはならない
自分だけが選択し決めていくこと。。。

個々の魂の、自立と選択。
ますます試されていきますね。

2011年 殻を破る覚悟が出来ましたか。
2012年 いよいよ脱皮し、夜明けの空へと羽ばたいて行きましょう。


-------

今年の締めくくりに、
なんとなく機会を逃して保留中だった写真を
UPしていこうかなと思います。^^


上の写真は、灘区の護国神社の近くで撮った写真です。
11月上旬頃でした。
ここは、春になると、川にかかる桜がとても綺麗な
知る人ぞ知る撮影スポットなのです。

散歩中、川の水がキラキラしていて綺麗だったので
カメラを向けると虹のたまゆらが写ってくれました。

虹色の光や精霊さんが、ここ最近、たくさん写ってくれます。

何度も書きますが
やはり、どこにいても聖地は創っていけるんです。
私たちが、光の存在で有り続けていれば
類は友を呼び、様々な存在と繋がり会い
光の輪を広げていけるのです。

やっぱり弥勒の世は、虹色の世ですね♪


護国神社の英霊さんには、
いつも強力に守護していただいてるように感じています。

靖国、桜山招魂社、大阪、神戸、宮崎の護国神社、、、
いろいろお参りしてきましたが
どの場所でも慰霊碑を前にすると
胸が震えて涙が止まらなくなってしまいます。

この国を愛し、憂い、想う、本気の魂の叫び、、
それが、とても生々しく、ダイレクトに胸の奥まで響いてくるのです。

英霊さんたちの、声なき声を聴くことは
私にとっては、とても大切なことのように想っています。

もう、なにがあっても、無視などは出来ない感じです。
なので、英霊さんたちの、声なき声を聴くことを
今後も続けて行こうと思います。

2012年は、そうした見えない存在たちとの繋がりをより強固なものにしつつ
日本列島を護っていくことを意図します。

いつもありがとうございます。(-人-)

テーマ:スピリチュアル・ライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2011/12/28(水) 01:18:54|
  2. 散歩(神戸)