瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

東京都立殿ヶ谷戸庭園

殿ヶ谷戸庭園1

1/30(月)~1/31(火) 
シングルソウルと一緒に、武蔵の国へ、ふたり旅。 ヽ(・∀・)人(・∀・)ノ♪

前記事の続きです。
この記事でPart.3となります。

もうしばらく、旅のレポートは続いていく予定です。

-------

1/30(月) 府中・大國魂神社→ 国立・台湾ベジランチ → 国分寺・殿ヶ谷戸庭園
・・・と、やってまいりました。

この日、最後に訪れた場所です。
すでにPM4:00を回っていたでしょうか。

だんだん日が落ちてきていて、寒さがいっそう身にしみてきました。
もっと厚着をしてくればよかったかな。
やっぱり東京は神戸よりも寒いや・・・などと身震いしながら、ふたりで並んで歩きました。

ま、本気で寒いと思ってたのは、関東の気候には慣れていない
冷え性の私だけだったのかもしれません。。。^^;

中央線の車窓から眺める溶けかけの雪景色が珍しくて
興奮しながら見てましたから。。。

ほんと、寒かったです。

殿ヶ谷戸庭園3

入場料が150円とは、お安いですね。

一日、お弁当を持ってきて、のんびりと過ごしたいくらいの、とっても居心地の良い庭園です。

記念スタンプをポンッと押したら
真っ逆さまになってしまいました。o(TロT*)

よく確かめてなかったよ・・・。

これは・・・天地がグルッとひっくり返るというサイン。
その、なにものでもないと思います。

なにもかもが、こんなにも狂ってしまったこの物質世界で
この先あとどれくらい、まともに生きていけると思いますか。

要らないものは整理して、新しく始めていきたい・・・

古い体質、古い習慣にしがみついて、がんばっていることが
いまは誰もが苦しいと感じているハズです。
そう感じてしまうことのほうが、まとものような気がします。

私はこれまで意識的に無理ムダを減らしてきました。

日常を振り返らないで、あくせく無理を重ねて動いてばかりでは
気がつかないでいることもあるかもしれません。

いつでも回転できるように、時々は立ち止まってみて
うまく要らないものを整理していくことが大事だと思います。

殿ヶ谷戸庭園6

瓶に溜まった水が、カチカチに凍っていました。
植物を散りばめたガラスアートみたいで面白かったです。

殿ヶ谷戸庭園9

牡丹の花がたくさん咲いていました。

殿ヶ谷戸庭園11

大きな白い牡丹が素敵でした。

殿ヶ谷戸庭園12

ここにも見上げれば、鳥さんがいっぱい。

ほんの一瞬、羽ばたいた姿が見えただけで
ほんの一瞬、遠くで鳴き声が響いただけで

すぐに「○○○が鳴いた」「○○○が近づいてきた」と分かってしまう彼は
やっぱりすごいなぁ~と思います。(*"Д")

常々、私は「身勝手な人間よりも、素直な野生生物が好きだ」ということを聞いてきましたが
一緒に歩いていると、ほんとうにそうなのね・・・と、思い知らされます。

だって本当に、普通に歩いているだけなのに、鳥さんたちのほうからご挨拶に来てくれるのです。

上っ面の言葉だけで、「愛」や「恋」や「優しさ」をかたってみても
言葉を持たない生命たちには、届いていきません。

ほんとうに深い愛情は、なにも特別にかたらなくても、滲み出ていくものだと思います。。。

テレパシーが通じやすくなった世界では
ほんとうに心の綺麗な人たちしか住むことができないと言われていますが
それをあらためて実感しています。

私は、こんな彼といっしょに歩いていられるだけで
おおきな幸せを感じられています。

殿ヶ谷戸庭園13

雪の絨毯が綺麗でした。

殿ヶ谷戸庭園14

黄梅が可愛く咲いていました。

この時期には貴重な、庭園に彩りを添えてくれている花ですね。(*´∀`*)

殿ヶ谷戸庭園15

軽石のような質感の石が庭園に使われています。

そうそう。ここは先の地震でも再び注目され始めた関東ローム層の一部でしたね。

殿ヶ谷戸庭園20

殿ヶ谷戸庭園は国分寺崖線の段丘崖と崖下部の層から浸出する湧き水を利用し
武蔵野の雑木林の風致を生かして作られた近代別荘庭園です。

大正2年(1913)頃に江口定條(えぐちさだえ)が別荘をかまえ随宜園(ずいぎえん)と命名し
昭和4年(1929)に岩崎 彦弥太(いわさき ひこやた)が買い取って整備したとされています。

岩崎 彦弥太・・・

岩崎・・・

三菱財閥のオーナー・岩崎家の一員で、三菱合資会社元社長・岩崎久弥の長男。

三菱本社社長後任(当主の地位)が約束されていたそうですが
その地位を理事長の船田一雄(三菱鉱業常務や三菱商事会長を歴任)に譲らざるを得ず
「悲劇の三菱当主」と称されたそうな。。。

どっかで聞いていたよ・・・

えーと・・・えーと・・・

と、頭を巡らせて思い出しました。

最近書かれていた、黎明たんのブログ記事にシンクロしています・・・!


富士山様叡智 2012-01-26(Thu) NTTドコモ通信障害の真の理由
http://fujisansamaeichi.blog69.fc2.com/blog-date-20120126.html


岩崎家=ロックフェラー(物質文明イルミナティ)のひな形

↑これがすぐには思い出せなかったですが
ここもひな形を示す場所の一部だったってことですね。

あぁ・・・そうでした。
この後、私たちは戦後GHQが日本に対してやらかしたこと、
数々の破壊行為に対して思うことをたくさん語っていたのでした。


ちっと本気で東京の人たちは考えていってくださいよ。。。

黎明さんのブログを読んでくださいよ。
ほんとうに大切なことがたくさん書かれていますから。

平和ボケの中では、すでにまともに生きてはいけない状況になっていること。
それにいい加減に気づいていって下さい。


真実の歴史に目を向けない人たちは
純正日本人ではなくなっていると、私は想います。。。

そんな人たちは、ほんうにこの先、生きていけませんよ。
生き残れたとしても、何度でも問われていくと思います。

どうか日本人としての大和の心を見失わないでいてください。

そこを放棄する方々のことは、もう今後はここにも触れていきませんから。。。

というか、物理的にも、できなくなっていきますから。。。

殿ヶ谷戸庭園16

殿ヶ谷戸庭園18

殿ヶ谷戸庭園19

殿ヶ谷戸庭園23

わらぼっちが、可愛いです。

なにげにダビデの六芒星でできているね・・・と笑いました。

殿ヶ谷戸庭園27

殿ヶ谷戸庭園28

氷の柱がいっぱい。

雪解けの土の上です。

殿ヶ谷戸庭園29

こんなに綺麗な結晶になるのは、水が澄んでいて綺麗な証拠ですね。

殿ヶ谷戸庭園30

殿ヶ谷戸庭園34

殿ヶ谷戸庭園36

水晶ポイントみたいです。

天然の雪氷だなんて、ちょっと信じられないです。

そっくり過ぎて。。。

殿ヶ谷戸庭園25

この日の月は綺麗な半月でした。

幽玄な感じで綺麗でしたよ。

--------

貸し切りができるお茶室の前に
池があって、たくさんの金魚や鯉と出逢いました。

動画もどうぞ♪

東京都立殿ヶ谷戸庭園(国分寺)


東京都立殿ヶ谷戸庭園

テーマ:スピリチュアル・ライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2012/02/02(木) 16:25:02|
  2. 散歩(東京)