瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

六角堂 ふたたび

六角堂1

3/2 京都文化博物館の北斎展に行ってきました。
京都駅から烏丸通りを真っすぐ道なりに上がっていくと六角堂へと辿り着きます。

ここは何度も訪れている、京都を代表する聖徳太子さん創建の古刹です。
美しく官能的な如意輪観音菩薩さんで有名です。

ここの観音様は、西宮・神呪寺の如意輪観音菩薩さんにもよく似ています。
空海さん・真井御前さん繋がりですね。

↓詳しくは過去記事をどうぞ。

六角堂
http://ruri87.blog18.fc2.com/blog-entry-120.html

六角堂2

昔から、気になってたびたび夢にも出てきていた場所でした。

近くにきたら、必ず寄ります。
なにか過去生での御縁でしょうかね。。。

六角堂3

ここは”京都のへそ”と呼ばれていたところです。

へそ石も、六角形。

六芒星。

シリウスのサイン。

六角堂4

御幸桜も、六角形。六芒星。

御幸桜の由来は・・・
長徳2年(996年)花山法皇の六角堂の御幸より
西国三十三箇所霊場観音巡礼が始まったことを受けて
花山院前内大臣が六角堂の桜を見て詠んだ
「世をいのる春の始めの法なれば君か御幸のあとはありけり」
・・・から名付けれました。

早咲きの桜で、最初は白、次第にピンクに色付いていく枝垂れ桜です。

私は、20代最初の頃に西国三十三箇所霊場観音巡りを満願しています。
その後も、いくつも、観音霊場は数え切れないくらいに巡ってきましたが。。。


花山院、聖徳太子、空海さん、真井御前さん、、、
如意輪観音さん、、、

やっぱりすべては瀬織津姫さん繋がりなのでした。

テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

  1. 2012/03/03(土) 23:21:20|
  2. 神社仏閣めぐり(京都)