瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

渦が森(うずがもり)

渦が森1

今日は六甲山の南側「渦が森(うずがもり)」を散歩してきました。

JR住吉駅が最寄りです。
住吉川をずーっと山手の上流へと登っていくと渦が森です。
人が住めるギリギリの場所です。

渦が森2

バスや車がないと、なにかと大変な住宅街ですが
ひたすら歩いて登ってきました。

ゼーハー ゼーハー (;´Д`)

蒸し暑い梅雨の晴れ間です。
汗だくになります。
これはいい運動になるわ~。

渦が森3

住吉台と渦が森台の分岐あたりの橋の上より。。。

皆さんバスを利用されているからでしょうか・・・
なかなか人とすれ違ったりしません。

たまにリュックを背負っている人が通り過ぎるのみ。
私もそんなカッコしてます。

ここは、六甲最高峰へと向かう登山道の入口がいくつかあります。
天狗岩などに向かう際は、このあたりから登っていきます。
またそのうち、天狗岩にも行ってみよう。。。

渦が森7

道がようやくフラットになると
目の前に街が見えてきました。

公園や小学校や保育園があります。

渦が森4

「渦森公園」
ふつうの公園です。

渦が森5

向かい側に、なにやら石碑がありました。

渦が森6

銅鐸出土の記念碑でした。
この辺り一帯は、掘れば結構、いろいろなものが出てくるのでは。。。

そういえば、住吉駅には
埴輪や銅鐸や銅鉾とかのモニュメントがいくつか建てられていたなぁ~と
ふと思い出したりしました。

太古の歴史が埋まる街。
渦が森。。。

渦が森8

薄紫の紫陽花が、あちこちに咲いていて綺麗でした。

渦が森9

かなり山手まで歩いてきました。

ここまでくると、港も六甲アイランドもポートアイランドも、みんな見渡せます。
いゃぁ~爽快です。

さらにさらに、登っていきます。

渦が森10

住宅街を通り抜けて、ラストスパート。

もう背後には山しかないよ・・・というところまで登り詰めたら
「渦森台公園」がありました。

ここでちょっと、ひと休み。

バスは渦が森台のてっぺん近くまで通ってくれています。
乗って来れば楽なんでしょうけれど
やはり私は歩いて行きたい派です。

たくさん汗を掻いたけれど
風がひんやりとしていて気持ちが良いです。
それに、水音があちこちで聞こえてくるのがいいですね。

渦が森11

まだまだ上には上があるのね・・・

さらに さらに、石段を登っていきます。

渦が森12

木洩れ日も、とっても綺麗。。。(*"Д")

渦が森13

とうとう登り詰めました。\(^○^)/♪

山に一番近い公園です。

「渦森展望台公園」です。

”渦森”と名のつく公園を
3つも駆けめぐって登り詰めてきたよ・・・

一直線に、上・中・下の位置関係になっていて
なかなか面白いです。

渦が森14

広いです。

そして見晴らしも最高です。

渦が森15

山の斜面には、苗木がいっぱい植えられています。

渦が森16

コナラ、カシ、クヌギなどの、ドングリの木です。

渦が森17

斜面にたくさん植えられていました。

すくすく大きくなると良いですね♪

渦が森18

ここでも、しばし休憩を・・・。

気持ち良い場所です。

またひとつお気に入りの場所が増えました。

渦が森19

切り株から、新芽がたくさん出ていました。

自然の生命力はやっぱりすごいね。

光る芽が真っ直ぐに伸びていますね。

ベンチに座って、しばし見とれていました。

渦が森20

野鳥の声も聞こえてきます。

木々のざわめき、水音、・・・いろいろな音が響いていて
目を瞑らなくても瞑想している感じです。

やっぱり人は、自然と触れ合わなければダメだね。。。

渦が森21

そしてその後、すぐ側にある
本住吉神社奧宮へと向かいました。

次回へと続きます。

テーマ:スピリチュアル・ライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2012/06/26(火) 21:14:51|
  2. 自然(六甲)