瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

再度山・大師道 part.4 極相林と大龍寺

極相林1

大師道を歩いています。

大龍寺の近くまで登って来ました。
そこはもう樹木が茂った極相林(きょくそうりん)が広がります。

ここまで来ると、再度山の頂上も近いです。

極相林3

荒廃によって裸地化した土地に最初に侵入する植物は
日当たりの良い場所に育つパイオニア植物と呼ばれるアカメガシワやアカマツなどです。

極相林4

植物が生長すると、次第に林の中が暗くなり
日照量の減少や、落ち葉の腐食による土壌の肥沃化など
環境変化がみられるようになります。

森林を構成する樹木の種類も、徐々に変化していきます。
それを植物遷移(しょくぶつせんい)というそうです。

極相林5

そしてもうこれ以上
その地域の森林を構成する樹種に
あまり変化が起こらない状態に至った森林を
極相林(きょくそうりん)というそうです。

極相林6

山は登って行くに従って
太陽に近づいていってるはずなのに

森はどんどん茂っていって
太陽からは遠ざかっているかのように感じてしまいます。

森の中を歩いていると
空気が澄んでいて、ひんやりとして、気持が良いです。

極相林7

スダジイなどのドングリの木が巨木となって生い茂ります。

大龍寺のすぐ側には、縄文の森が甦っています。
絶好のドングリ拾いスポットです。\(^○^)/

2012大龍寺1

久々の大龍寺です。\(^○^)/

2012大龍寺2

大龍寺は、神護景雲2年(768年)、和気清麻呂さんによって開かれたお寺です。

御本尊は、 如意輪観音(秘仏、重要文化財)

山号の”再度山”は、空海さんが
大輪田泊から唐に渡る直前と帰国直後の2度、参詣したことに由来しています。

奥の院には空海作と伝わる「亀の岩」があります。

2012大龍寺3

大龍寺については、過去にも記事にしていますので
よろしければ、こちらも合わせてどうぞ~。↓

再度山・大龍寺
http://ruri87.blog18.fc2.com/blog-entry-9.html

再度山・大龍寺へ ふたたび!
http://ruri87.blog18.fc2.com/blog-entry-261.html

大龍寺(奥の院)・空海さんの岩堀り亀さん
http://ruri87.blog18.fc2.com/blog-entry-262.html

この日、諏訪神社から大師道をスタートして、歩いて参拝してみて初めて感じたことは

再度山は、お父さん
諏訪山は、息子さん

・・なのかな~。

大龍寺は大黒天さんだし
諏訪神社はタケミナカタさんだし。

ビーナスブリッジの金星台は
間に寄り添っているお母さんか恋人なのかも。。。

そんなことをふと感じました。(*´∀`*)

2012大龍寺4

蝶々なのかな、蛾なのかな。。。

大龍寺にいる時に、ずーっと私の周囲を舞っていました。
だんだんと可愛く思えてきました。

2012大龍寺5

もう少し登って、奥の院の大師堂です。

2012大龍寺6

さらに登って、山の中へ。

空海さん作の、岩に掘られた亀さんに会いに来ました。

2012大龍寺7

巨大な磐座です。

亀さんがこっちを見ています。

2012大龍寺8

ここ、ここ。

2012大龍寺9

真上から見たところ。。。

まん丸い亀さんが、岩から見下ろしいています。

2012大龍寺10

亀岩から少し登っていくと、再度山の頂上に到着しました。\(^○^)/

2012大龍寺11

470m。 お疲れーーーー自分。\(^○^)/

2012大龍寺12

極相林の中を、また歩きに来たいと思います。

テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

  1. 2012/07/06(金) 17:26:54|
  2. 神社仏閣めぐり(兵庫)