瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

近江国(おうみのくに) part.2 立木観音

立木観音1

立木観音さんにお参りしました。

新西国霊場 第二十番札所  立木山 立木山寺(たちきさんじ)です。

立木観音2

滋賀県大津市南郷の瀬田川沿いにあります。

ひとつまえの記事、佐久奈度神社(さくなどじんじゃ)とも近いです。
佐久奈度から瀬田川の遊歩道を歩いて立木山に行くのが、私のお気に入りコースです。
その距離は、1kmもないんじゃないかな。
佐久奈度神社にお参りされた際は、ぜひ立木山まで歩いてみて下さい。
瀬田川の流れを聴きながら歩くのはとても気持ちが良いですよ。d(^-^)

立木観音3

立木山も、水がとても綺麗な山です。

立木観音4

木立の中を、約700段の石段を登っていきます。

つづら折りになっている石段を
まだか、、、まだか、、、と言いながら
みんな汗だくになって登っていました。

佐久奈度神社は、私の他には誰もいなかったけれど
ここはさすがの新西国観音霊場です。

いつ来ても、老若男女、お参りの人々で賑わっています。

7/22(日) この日は赤ちゃんを背負って登る
新米パパ&ママさんの姿を何組か見かけました。
それがなんだかとても印象的でした。

子供を背負って登るのは大変そう。^^;

なにゆえこんな真夏日に・・・・
とも思うけれど、ご家族にとっては大事な日なんですよね。

心の中”でえぃえぃお~!”とそっとエールを送ったりしつつ
私も汗だくになって登っていました。

ほんとうに暑かった。。。

画像は、涼しげですが。
木陰の下で立ち止まると、ヒンヤリとした水音に癒されました。

動くとまた暑いです。(;´Д`)

立木観音5

石段に、小さなカマキリを発見。 w(*・o・*)w

踏まれそうになるまえに、ササーッと横切って行ってしまいました。

立木観音6

ラストスパート。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡c⌒っ゚Д゚)っ

ゴールが見えると力が漲るタイプです。

立木観音7

本堂です。

10/19光4

前回は、2009年?の10/19に来ていたみたいです。

↑こんな感じにピンクに光るかしら。。。o(^^o)(o^^)o
と思ったけれど、今回はそんなファンタジーは起こらずでした。

何ごとも期待しすぎはいけませんね。。。

立木観音8

ここも水が澄んでいて綺麗でした。

立木観音9

立木観音10

815年(弘仁6年)空海(弘法大師)さんがこの地に立ち寄った際
瀬田川の対岸に光り輝く霊木を見つけたそうです。

しかし瀬田川は川の流れが速くて、渡れない・・・。
そこに白鹿が現れて、空海さんを背に乗せ対岸まで導いてくれたそうです。

白鹿はたちまち観世音菩薩に姿を変えて、虚空に消え去ったそうな。。。

その後、空海さんは、霊木に五尺三寸の観世音菩薩像を彫刻し
それを本尊としてこの寺を建てたということです。

この時、空海さんは厄年の42歳。
その為、厄除けの観音さんとして人々に親しまれ、信仰も厚いのでした。

立木観音11

立木観音12

御札も絵馬もお守りも、みんな白鹿ちゃん。

鹿に導かれる空海さんの伝承は
全国あちこちにあるのでしょう。

鹿の背に乗っている空海さんは、42歳厄年にしては
少年の様にも見える若々しさでした。(ナナメ45度が格好いい♪)

このあたりでは今も野生の鹿に出逢えるんでしょうか。
出逢ってみたいなぁ。

立木観音13

立木観音14

立木山のお楽しみのひとつは、美味しいユズ茶を頂けることです♪

立木観音15

温かくて甘くて美味しかったです。

汗を掻きつつフゥフゥしながら頂くのも、オツなものですぁ。。。(*´Д`*)

立木観音16

奥の院の入口です。

立木観音17

さらに石段が続いているのか・・・?と思いきや
あっけなく到着してしまうほどの距離。

本堂の裏手にありました。

道了権現大菩薩=天狗さんが祀られています。

立木観音18

ひとつだけ願いを込めて、鐘を突きます。

大好きな大津の街が光り輝きますように。
共に新しい世界に入っていきましょう。

立木観音19

立木観音20

現在の立木山寺は、浄土宗に属しています。

創建当初は、空海さん開基ということで
真言密教系の寺院であったと推定されています。

実際に歩いてみると、山の空気や水音が、そんな雰囲気を醸しています。

滋賀には素敵な山や川が多いです。

テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

  1. 2012/07/24(火) 09:50:48|
  2. 神社仏閣めぐり(滋賀)