瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

桜谷の瀬織津姫

虹色の桜谷2

古代縄文風の衣装を纏った瀬織津姫さんを描いてみました。

背景は因幡国桜谷神社です。

桜谷神社41

桜谷神社の詳細はこちらです。↓

桜谷神社(さくらたにじんじゃ)
http://ruri87.blog18.fc2.com/blog-entry-779.html

虹色の桜谷1

翡翠と鏡のペンダントが、女神のアイテムっぽく見えると良いのですが。。。
ヘンプアクセサリーのような、自然素材で作られたものと想ってください。
私の中では、そんなイメージがあります。

本当は、髪も綺麗に結わえられ、アクセサリーもたくさん付いているのだと思います。

私自身は、髪を人に触られるのはすごく苦手なためか
イラストの姫も、なくとなく、ナチュラルなストレートロングが自然でいいな~と、あれこれ描き足せません。

縄文人は、皆、色彩センスが良くてお洒落だったと云われます。

古代服を纏ったシリウスの姫君が、夢に登場したりしているのですが
起きると、その姿がぼやけてしまって覚えていられません。

どうしても、現代風の着物のアレンジになってしまいます。

パッチリ視ていて知っている方、、、
瑠璃たんに、縄文衣装のデザインを教えてくださいまし。。。 (-人-)

桜谷神社26

白いドレスは貝のイメージにしみました。

モチーフにしたのは、拝殿にあった大きな貝殻です。
山に囲まれた桜谷・・・近くに海は見えません。

この大きな貝は、なぜここに?

venus誕生

貝といえば、ボッティチェルリの「ヴィーナスの誕生」が浮かびます。

瀬織津姫さんの、ほんとうの姿は、ヴィーナス。

それで貝をコスチュームにしてみました。

和製ヴィーナスを描き上げたい・・・との想いが湧いてきますが
裸体像だと、きっとなかなか受け入れられないでしょう。

大切なのは、表情・しぐさ・その場に相応しい雰囲気かな?

新しい時代の、日本の女神像・・・
いろいろ考えすぎると難しいですね。

------

このデザインを元に
桜谷神社へ石像奉納の計画があります。

八上白兎ファンクラブ
http://news.ap.teacup.com/hakuto/70.html

ご意見・アドバイス等ありましたら
ここのメールフォームか
八上白兎ファンクラブさんまでよろしくお願い致します。

テーマ:創造と表現 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2012/09/09(日) 11:23:54|
  2. 石像*瀬織津姫