瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

フェネック×瀬織津姫

ナウシカ風

ナウシカのパロディ的なのを描いてみたくなりました。
キツネリスにそっくりな動物を、ネットで見かけたのです。

「フェネック」という名前でした。
小さなキツネの一種。
北アフリカやアラビア半島にいるらしいです。

フランスの作家・飛行家サン=テグジュペリが書いた手紙に
1935年にサハラ砂漠に不時着したとき
フェネックに出会ったことが書かれているそうです。

「星の王子さま」で、キツネが登場するシーンは
この時出会ったフェネックからの着想なのだとか。


本来、日本にいない動物なので、それっぽい民族衣装でいっしょに。
アフリカ~中東の姫って、こんな感じなのでしょうか。。。

よくわかりません。(´∀`)ゝ”
太古のシュメールにも想いを馳せてみました。

和的なアイヌの文様などを入れてみましたが
(これでちょっとは和風っぽい?)
アイヌ文様は普遍的で美しいデザインだな~と思いました。

ターコイズモスク

気がつくと、イランのイスファハンが誇る世界遺産、
イマーム・モスクを擬人化(擬神化)したような感じでもあります。

ターコイズ装飾が美しい。。。

アイヌも太古シュメールも、同じ縄文の幾何学文様から
文明発展を遂げていったのかなと感じさせられます。



それにしても
北アフリカやアラビア半島て・・・

このイラストのイメージが湧いてきた時に
ちょうど、アルジェリア人質事件が起こりました。

事件に巻き込まれた方々の魂が癒されますように。

瀬織津姫さんはいつも、いろいろなメッセージを伝えてくれます。



テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/01/22(火) 15:40:36|
  2. 女神の肖像