瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

目神山でゆるゆる散歩~ U・ω・U

2013目神山1

26日に、最後に歩いたのは西宮市にある目神山です。

以前の目神山・甲山の関連記事にも書きましたが

目神山=女神山

神呪寺(かんのうじ)の女神と遊べる、見どころいっぱいの巨石庭園です。

気軽にお散歩しながら、四国88ヶ所巡りができる山でもあります。
四国が凝縮されている、行った気分になれる山。

阪神間に住んでいて、ここを知らないのは勿体ない
・・・そう感じさせられます。

ここから甲山(かぶとやま)・神呪寺を眺めるのは最高です。\(^○^)/ 

神呪寺は、空海さん・真井御前さん縁の寺です。
空海さんが、桜の樹で彫られた如意輪融通観音さんが有名。

2013目神山2

↓ 詳しくは前回の記事をどうぞ。。。

目神山(女神山) 「甲山八十八カ所」と「九想の滝」
http://ruri87.blog18.fc2.com/blog-entry-151.html

見応えのある巨石群。
日当たり抜群。
特に素晴らしいビュースポット。

愛姫さんによると、そんな目神山のメインスポットに当たる場所には
愛媛のお寺が設定されているそうです。
(↑ この写真もその一部です)

へぇ~ w(*・o・*)w  目から鱗でした。

私は、四国88ヶ所の巡礼地は、ほんの一部しか知りません。
なので、四国の寺との相似象を意識したことはありませんでした。

やはり、一度ゆっくりと、四国お遍路してみたいものですね。

そしたら、もっと四国のことも、この甲山の秘められたものも
掘り起こすことが出来るのかも知れません。

それにしてもこの天気、本当にサイコーでしたね。 (*´∀`*)

2013目神山3

この岩一帯・・・和むわぁ。。。 (*´ー`*)

2013目神山4

・・・と思ったら、それもそのはず。
右の大きな岩に、愛くるしい動物の顔が浮かんでいるではありませんか~。
まん丸い、ぬいぐるみ的なのですよ。

かわいい♪

(//≧▽≦//)

まるで、ユルキャラみたいだよね♪

みきゃん

ほら、いたいた。
この子に似ています。

検索して見つけたキャラですが
この子によく似た顔が、岩に浮かんでいるでしょう?

このキャラクター、偶然なのか必然なのか
「みきゃん」という愛媛のPRキャラではないですか!

愛媛シンクロにビックリ。 w(*・o・*)w

バリィさん

ユルキャラと言えば、去年一躍人気トップに躍り出ていたのは
バリィさんでしたね。

その時は、良く知らなかったのですが
バリィさんは、今治のキャラだったんですね。
岩全体の風貌は、バリィさんに似ているよね。

これまた愛媛でビックリでした。。。

愛媛、やっぱり、キテますねーーーー

この場所、和みます。

次回行った時には、あのユルキャラ岩を
愛情込めてナデナデしたいわ~と思いました。

私が愛姫さんの写真の中で一番気に入ったスポットは
愛媛県今治市にある多伎神社の滝でした。
姫の姿がハッキリと浮かんでいて、一番ビリビリときたスポットでした。

多伎は出雲にも存在します。
きっと私が思う以上に、いろいろと見えないところで繋がっているんだろうなぁ。。。

2013目神山5

中国地方は、山陰地方と山陽地方に分かれています。

これまで、全国どこの土地でも、陰性、陽性、
どちらかの性質に分かれていたのだろうなと感じます。

四国でも、陰と陽が色濃く分かれている地方に思えます。

ここがもしも男神山だったならば
愛媛のお隣、高知の巡礼地とかが据えられていたのかも知れないよね・・・

目神山(女神山)に、陰=月信仰=女神信仰の色濃い愛媛の聖地が、
陽の当たる絶好のビューポイントに据えられていることって
土地の陰陽和合を考慮されて設定されているようで、ちょっと興味深く思えました。

瀬織津姫さんの復活は、土地の陰陽和合・統合でもあるんですね。
ここでも、対立姿勢を溶かしながら
和心・大和心の大切さを教えられているようです。

2013目神山6

岩窟にも巡礼地が設定されています。
縄文祭祀跡巡りと四国巡礼が一度に出来るのって面白いですね。

ユルキャラだって、見方によっては
現代のお地蔵さん的な役割を務めてくれている存在だと思います。

石像も仏像もユルキャラも縄文アミニズム。

2013目神山7

2013目神山8

水晶のような、綺麗な雪の結晶群。

いつかここからも、古代のアクセサリーが出てくるのかも知れません?

そんな想像を掻き立てられます。

2013目神山9

九想の滝。 
ここにくると、真井御前さんのことに思いを馳せてしまいます。
真井さんのお気に入りスポットだったのかな。

以前来た時にも寂れた感じでしたが
それでもここは、私もなんとなく気になってしまう、お気に入りの場所です。

2013目神山10

冷たかった~。

2013目神山11

三角形。ピラミッドの天井みたいですね。

自然でありながら、計算された
縄文テクノロジーの一端を垣間見ているようです。


なにがなんだか・・・
書きたかったこととは違う記事になりました。

まさかのユルキャラとは~。。。σ(^◇^;)


決して、ふざけているわけではありませんよ。
えぇ、、決して。。。



大きな地図で見る

テーマ:スピリチュアル・ライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2013/01/29(火) 10:06:19|
  2. 神社仏閣めぐり(兵庫)