瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

福寿草×瀬織津姫

福寿草1

本日は節分ですね。

明日から立春
春の始まり~♪

新年にあたって、今年も毎年恒例の
豆と恵方巻きで邪気払いをしようと思います。


「福寿草」を描いてみました。

先日の、六甲比女神社参拝・福寿・ノーベル賞・ips細胞・山中教授 の流れから
なんとなく、金色の花・福寿草・金色の世界 を描きたくなりました。

福寿草は、新春を祝う花。
元日草(がんじつそう)朔日草(ついたちそう)とも呼ばれます。

福寿草×南天 で 「難を転じて福となす」

福寿草2

・・・というわけで反転。
衣のカラーを変えてみました。

ちょうど描いている時、娘と息子が、それぞれに
「大気汚染は日本の問題だ」というテーマでブログを書いている中国人の記事を見たらしく
「どういうこと?」「どんな理屈??」 と、話題にしてきました。

その主張の中にある国民性には、子供たちが見ても呆れるものがあるけれど
中国では現在、北京を中心に猛烈な大気汚染が広がっていて、死者まで出ている状態。

この頃、私たちが住む関西圏でも、景色がモヤ懸かっている日が多くなりました。
天気の良い日は、化学物質が舞う空気で、まさに金色の世界。。。

・・・とか言って、笑っては居られないよね。

日本は世界のひな型。
決して無関係ではないし、無関心ではいられない。

福寿草の学名には 「アムール川流域の(黒竜河:中国北東部)」とあります。
まさに対象の地域でした。

福寿草は毒性の強い植物です。

人が手をかけないところで地中にしっかりと根を張って
土地の浄化を担ってくれているのでしょう。

地球の国土も、邪気払いの最中です。

立春の日にあたり、想いを込めて・・・

澄みきった、クリアに輝く金色の世界が広がっていきますよう意図します。

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/02/03(日) 08:57:10|
  2. 女神の肖像