瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

大国主命(おおくにぬし)

大黒様

出雲神話のヒーローを描いてみました。
背景は、宍道湖の嫁ヶ島です。
とても夕日が綺麗な湖です。

大国主命(おおくにぬし)さんです。またの名を大黒さま

またの名を・・・って、他にも多すぎなので
wikiに出ている名前をそのままコピペします。

大国主は多くの別名を持つ。
これは神徳の高さを現すと説明されるが
元々別の神であった神々を統合したためともされる。

-------------------

・大国主神(おおくにぬしのかみ) - 大国を治める帝王の意
・大穴牟遅神(おおなむぢ)・大穴持命(おおあなもち)・大己貴命(おほなむち) - 大国主の若い頃の名前
・大汝命(おほなむち)-『播磨国風土記』での呼称
・大名持神(おおなもち)
・八千矛神(やちほこ) - 矛は武力の象徴で、武神としての性格を表す
・葦原醜男・葦原色許男神(あしはらしこを) - 「しこを」は強い男の意で、武神としての性格を表す
・大物主神(おおものぬし)
・大國魂大神(おほくにたま)
・顕国玉神・宇都志国玉神(うつしくにたま)
・国作大己貴命(くにつくりおほなむち)・伊和大神(いわおほかみ)伊和神社主神-『播磨国風土記』での呼称
・所造天下大神(あめのしたつくらししおほかみ)- 『出雲国風土記』における尊称
・幽冥主宰大神 (かくりごとしろしめすおおかみ)
・杵築大神(きづきのおおかみ)


-------------------

イメージと違っていたら御免なさい。

男神様はね、、、
やっぱり描いていると、いつのまにか自分好みの容姿になってしまいます。

不思議ですね。 (*´∀`*)ポワワ

そして、どこか自分の身内の人間にも似ています。
10~20代の頃の弟たちに、どこか似ていたり。

息子もこんな感じになるのかな。
楽しみだな~。

いえ決してそんなにイケメンではないですが
雰囲気的なものが似ているとでも言えばいいのかな。
うまく言えないけれど。。。

たぶん、私が描く男神様はみんなこんな感じになります。 σ(^◇^;)

若かりし頃の姿ということで、オオナムヂさんということにしておきましょう。

大黒様ひげ

ひげバージョンです。

髭はあったほうが、威厳に満ちていて男らしいのかもしれませんが
私自身は、ないほうが好みです。^^;
今のところ、現代的な感覚でしか見ることが出来ません。

髭があると、イメージが変わりますね。
やっぱり、あるほうが正解なのかな?

どちらがお好みですか?

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/02/05(火) 00:02:36|
  2. 男神の肖像