瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

六甲山 石切道

石切道1

今日も天気が良かったので、六甲山ハイキングしてきました。

住吉川~石カフェ~石切道~六甲ガーデンテラス~六甲カンツリーハウス~雲ヶ岩・六甲比女神社へ

片道・約3時間半くらいでした。

↑写真は、住吉川上流にある石カフェです。
ちょっと興味を引かれる場所です。

石カフェ
http://www.ishi-cafe.org/

住吉川を上流へと登っていくと、六甲山への登山道へと続いていきます。
六甲ガーデンテラスと、最高峰への分岐があります。

石切道2

どんぐりの苗が植えられているゾーンを発見!
以前、渦が森の記事でも紹介した、どんぐりの植樹と同じ事業のようです。

渦が森(うずがもり)
http://ruri87.blog18.fc2.com/blog-entry-794.html

渦が森台と住吉台はお隣同士で、同じ山だからね。
同じ光景が広がっていました。

石切道3

グリーンベルト整備事業の一環ですね。

緑でいっぱいの森に戻していくことは
新しい自然を育みながら
麓の住宅地への水害被害を抑えることにも繋がっていきます。

石切道4

だんだんと、登山道らしくなってきました。

石切道6

通りすがりのお父さんとお母さんが、花の名前を教えて下さいました。

きんらんどんす ですって。 

金襴緞子(きんらんどんす)?
金襴緞子の帯締めながら~♪ の、あの”きんらんどんす”? (´・∀・`)

高価な織物のことを、そう呼ぶんだよね。 

絶滅危惧種に指定されている和ランのキンランでした。

以前はこのあたり一帯にも、たくさん咲いていたそうですが
草刈りを続けているうちに消滅してしまったとか。。。

たしかに、周囲を見渡しても、ひっそりと一輪ほど咲いているだけでした。
名前の通りの、ゴールドの可愛い花ですね。(*´∀`*)

花言葉は【控えめな心・華やかな美人】

石切道7

石切道(左)にも、分岐があります。

ガーデンテラスには、初心者にも優しい、迷わないで歩けるコースでした。
最高峰(右)へは、見どころが多くて楽しいけれど、少しだけハードかな。

石切道9

石切道は、石切場だけあって、石がたくさんゴロゴロしています。

石切道10

花崗岩の宝庫です。
こんなに積み重なって、山になってる~。
ビックリでした。 (@@)

昔は切り出した石材を、牛馬が運んで往来していたそうです。

石屋さんが開いた加工場が、石屋川です。
全国に売り出すための港が、御影浜。

御影石の由来は、この石切道から始まっています。

石切道12

石切道は「太陽と緑の道」とも言われます。

石切=イスキリ=イエスキリスト

キリスト=太陽の道

石屋といえば・・・・。。。

たくさんの蜂が道先案内してくれていました。
クロアゲハも。

ここは六甲比女神社の表参道か・・・と思いました。

おもいきり南向きのルートで
水気がなく陽の気で溢れています。

石切道16

傾斜がゆるくて歩きやすい道が続きますが・・・単調です。
石、石、石、、、で、たまには水音も聞きたい!と思いますが
ほんとうに石切道には沢も滝もなくて、太陽と緑の道でした。

このルートでは、真夏の登山は辛いかも。

住吉川はどこに逸れてしまったの? 
ちょっと、つまらない。。。

石切道14

石切道15

少しずつ、石屋さんの景色から、森の景色へと変化していきます。

石切道18

ガーデンテラスへと登り詰めていくと
なんだか見覚えのある風景が。。。

六甲比女神社の付近と、同じ樹木に出逢えるようになりました。

やはり石切道は、表参道なんだ。。。
ガーデンテラスも神庭で境内の一部なんでしょうね。

石切道19

石切道にも、六甲比女周辺の磐座に負けず劣らず
大きな存在感を放つ岩がゴロゴロしていましたよ。

石切道21

まるで亀のような岩だわ。。。(*"Д")

ほんとうにたくさん、こんな感じの岩があるんですよ。

石切道23

まだ桜も咲いています。

石切道25

石切道26

石切道27

春の花がいっぱい♪ (*´∀`*)

石切道28

今日、出逢った瑠璃たん。

石切道29

後ろ姿。

青い鳥をよく見かけます。

でも、なかなか撮らせてくれないので、今日の写真は貴重な二枚です。

石切道22

六甲ガーデンテラスに到着。 \(^○^)/

石切道30

とても良い眺めでした。


六甲カンツリーハウスを経て、六甲比女神社へと続きます。

テーマ:スピリチュアル・ライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2013/05/09(木) 22:12:53|
  2. 自然(六甲)