瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

愛媛の旅 part.9 坊っちゃん列車

道後1

道後温泉からの帰り道も、いよてつの路面電車に乗りました。

駅舎も、道後温泉本館の外観とマッチしている瀟洒な感じの建物です。

神戸の異人館にあっても違和感がないような。。。
私はこの時代の建造物が結構好きなんだな~と再認識しました。

これから増えていくドームハウスも
シンプルさの中に、古い建物からのお洒落な雰囲気を取り入れられたらいいな♪

そんなふうに思いませんか?

坊っちゃん列車4

ツバメちゃんがたくさん飛んでいるんですよ。

駅の中央にある大きな時計の上にも。

みんなが見つめるところに巣が出来てるのです。
街の人たちみんなに愛されているんですね。 (*´∀`*)

坊っちゃん列車5

坊っちゃん列車6

坊っちゃん列車7

愛媛に着いた直後も、ツバメと人との距離が近いことに驚いたんです。
歩いていても、車に乗っていても、触れそうで触れない低い位置まで降りてきてくれます。

住宅街にも、山にも、どこにでもいて
街の人たちはみんな気に留めてはいないのですが
遠方からやってきた私には、これはすごいことなんじゃないかなと思いました。

愛媛はみんな人が良いからね♪

と、川上会長と折本さんは仰っていましたが
ほんとうにそうですね。

会長さんの御友人の方もみんな
とても気さくでいい人達ばかりでした。

大山祇神は、酒解神。

お酒の席で御一緒して、それがよく分かりました。
楽しく飲めるって素晴らしいです。
お酒は解いてくれるパワーがあります。
そして、良くも悪くも、人の本質が見えてきて解けちゃう。
そうして私たちは、大山祇神さんを身近に感じて来られたのでしょう。

はっちゃけすぎて、ほんとに介護が必要にならないように、ほどほどにね ☆彡

--------

この記事を書く前に、町田先生のブログも拝見しました。
↓一部抜粋させていただきます。

------------
2013-06-20 13:55:47
テーマ:日々新た

古代インドの哲学書『ウッパニシャッド』にも
「汝がそれである」と書かれているが、要するに「アンタが真理だ」ということだ。

でも、ただの凡夫である我々としては、そんなことを言われても、「まさか」と思うだけである。


日々新た
http://ameblo.jp/kazenotsudoi/
------------

大山祇神は、和多志大神。

和多志=わたし=「アンタが真理だ」

そして、ビール片手に微酔いで踊っている坊さんのイラストが。^^

「うまいなあ。ビールさん、ありがとう」と言えば、それこそ解脱の境地に至ること間違いない

一緒に旅をしていると、繋がっていけるよね。
神様が繋げてくれますね。

私たちを繋げてくださった大山祇神さんに、瀬織津姫さんに
これからも感謝して行きましょう。

坊っちゃん列車1

坊っちゃん列車

キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!


坊っちゃん列車2

ちょっと撮り鉄の気持ちが分かる瞬間ですわ。。。

ワクワク感でいっぱいになるね!!!

*。・+(*゜∀゜*)+・。*

坊っちゃん列車3

車内もレトロで良い感じ♪

乗務員さんのアナウンスがとてもお上手で感じが良かったです。
エアコンがないので、うちわを借りて、仰ぎながら車窓を眺めました。

同じ景色を見ても、気分が違うから変化しているように見えます。

一六タルトのポスターも、坊っちゃん電車仕様のレトロデザイン。
凝ってるなぁ。。。(*"Д")

「坂の上の雲ミュージアム」のポスターも貼ってありました。
企画展:「ハーグ万国平和会議」が開催されています。

時間があったら、行ってみたかったな~。

愛媛美術館では、エヴァの生みの親・庵野秀明さんの特撮博物館となっているようです。

これも、時間があれば・・・

欲張りになってしまうけれど
見るもの全てが、とても意味深に感じられてしまっていました。。。

それを書き出すと大変なので
このへんにしておきます。


・・・その後、松山城へ行きました。

テーマ:スピリチュアル・ライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2013/06/22(土) 09:31:04|
  2. 神社仏閣めぐり(愛媛)