瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

アメノホヒ

アメノホヒ2

wikiより

アメノホヒは、日本神話に登場する男神。
天之菩卑能命、天穂日命、天菩比神などと書かれる。

名前の「ホヒ」を「穂霊」の意味として稲穂の神とする説と、「火日」の意味として太陽神とする説がある。

農業神、稲穂の神、養蚕の神、木綿の神、産業の神などとして信仰されており
能義神社(島根県安来市。出雲四大神である野城大神と呼ばれる)などの旧出雲国内だけでなく
天穂日命神社(鳥取県鳥取市福井)、鷲宮神社(埼玉県久喜市鷲宮)、桐生天満宮(群馬県桐生市)
芦屋神社(兵庫県芦屋市)、馬見岡綿向神社(滋賀県蒲生郡日野町)など全国で祀られている。

---------
アメノホヒ
「ほつまつたゑ 解読ガイド」より
http://gejirin.com/src/Ho/hohinomikoto.html

天穂日命。
アマテルの第1子。斎名:タナヒト (後にタナキネ)。
アマテルがマナヰでミスマルの珠を濯いだ時に、モチコが孕んだという男児。 
オシホミミが生まれるまでは、タナヒトという斎名を付けられた、天地つ日月の皇子だったようだ。 
オオセイイミクマノの父。 
カシマ立ちの使者の一人目だったが、出雲側に付き、復命せず。 
オホナムチ追放後に、杵築宮初代祭司。出雲国造家の祖。
  
島根県安来市、能義 (ノギ) 神社。 
島根県松江市大庭町、神魂 (カモス) 神社。
  
★野城大神(ノキノオホカミ)、能義神(ノキノカミ) ともいう。


↓こちらの写真は、天穂日命(アメノホヒノミコト)ゆかりの神魂神社(かもすじんじゃ)です。
2010年8月15日(日)参拝。
神魂神社4

神魂神社は、出雲國一之宮・熊野大社とともに、母の実家(宍道)に家族で里帰りした時に
たまに連れて行ってもらっていた、両親お気に入りの神社です。
私は、2010年8月、出雲に里帰りした際に、30年ぶり(?)に参拝しました。
ほとんど忘れかけていましたが、訪れると、子供の頃に参拝した時の微かな記憶が残っていました。
今でも、後ろ髪を引かれるような、とても気になる場所のひとつです。

近くに縁結びのパワースポットとして知られている、八重垣神社(やえがきじんじゃ)もあります。


・・・そして、昨日は、はじめて
芦屋神社の奧の宮にあたる、六甲山の天穂日命の磐座へ参拝しました。

ホヒノミコト磐座4

霧雨の中で磐座の前に立つと、かすかに、神魂神社で感じていた御神氣に触れることが出来ました。

ここで磐座を囲んでいる松の木たちは
出雲の平野に広がる築地松や、出雲大社の参道を彷彿とさせています。

まるで、出雲に里帰りしたような気持ちになりました。

私は六甲山麓に住む出雲人なので、出雲のことを中心に語っていますが
因幡出身の大江さんや、八上白兎の多くの皆様にとっても同様に、
天穂日命は、因幡国の重要な祖先神として大切な存在であります。

因幡国では、特に土師氏の大切な祖先神として祀られてきたそうです。

以前、大江さんに、因幡の旅をプロデュースしていただいた時に
出雲と因幡の、白兎神話で繋がるふたつの国について、深く考える切っ掛けを与えてくださいました。

まだまだ知らないことが多すぎる出雲と因幡の国ですが
私は、神々をこんなかたちで描いていくことで、繋がっていこうと思っています。

アマテル神も、瀬織津姫も、天穂日命も、みんな、みんな、私たちの大切な祖先神。

私がどこに住んでいようと、何をしていようと、
私のそばにはいつも身近に、出雲の神様、縄文の神様がいらっしゃる。
今回の六甲山・天穂日命の磐座参拝でも、そのことがよく分かりました。

ありがたいことです。(-人-)
これからも、いつも一緒に歩いていきたいです。

アメノホヒ3

アメノホヒさんは、アマテル神の第1子。
瀬織津姫さんは育ての親だったそうです。
ここでは、因幡の白ウサギちゃんと共に、義理の親子ツーショットを描いてみました。

*ここで紹介しているイラストは、ホツマツタエの内容を参考にして描いています。

アメノホヒ4

私と交流して下さっている、土師氏に繋がる、あるお方によく似ています。

天穂日命と瀬織津姫・・・ふたりの間には
揺るぎない信頼関係があったのかもしれませんね。

テーマ:創造と表現 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/08/01(木) 08:03:09|
  2. 男神の肖像

ニギハヤヒ×ニニギ

ニギハヤヒ×ニニギ

wikiより・・・

ニギハヤヒノミコト

『日本書紀』では、饒速日命
『古事記』では、邇藝速日命と表記する。


ニニギノミコト

『古事記』では、天邇岐志国邇岐志天津日高日子番能邇邇芸命、天邇岐志、国邇岐志、天日高日子。
『日本書紀』では、天饒石国饒石天津日高彦火瓊瓊杵尊、天津日高彦瓊瓊杵尊、彦火瓊瓊杵、火瓊瓊杵。
一般には瓊瓊杵尊や瓊々杵尊、邇邇芸命(ににぎのみこと)と書かれる。



二柱の男神が地球に飛来する前に
どんな創造ドラマを描こうと対話したのかな。

「宇宙兄弟」を見ていてそんなことを考えました。
ムッタとヒビトの関係にはちょっと憧れています。

2人とも、かっこいいですよね~。 (*´∀`*)

宇宙をテーマにした物語を見ていると
あれこれいろいろな事が頭の中を駆けめぐりますね。。。

宇宙兄弟

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/02/13(水) 21:16:59|
  2. 男神の肖像

男神 天照

男神天照

天照大神です。
男神です。

私の天照さんのイメージは、こんな感じです。

『古事記』においては天照大御神(あまてらすおおみかみ)
『日本書紀』においては天照大神(あまてらすおおかみ、あまてらすおおみかみ)と表記される

・・・その神は、太陽の女神さまとして知られてきましたが

天照大神の荒魂=廣田神社の御祭神・瀬織津姫 ということが分かり
天照大神(和魂)は、じつは男神さまだと知りました。

このブログを始める少し前のことです。


いざなぎいざなみ

髪型や装束に悩んだので
イザナギ&イザナミさんの絵画を真似てみました。
長髪なんだろうな・・・と思いつつも
角髪(みずら)のイメージが湧きませんでした。
後ろで緩く束ねている感じにしてみました。

このイラストを出すのは、とても勇気がいります。
いろいろと皆さんのイメージとは異なるのかもしれません。

とても、難しかった。。。 σ(^◇^;)

男神天照2

こちらはヒゲ無しバージョン。 こちらも好きです。 (*´∀`*)

男神天照3

男神天照4

背景は、摂津の海をイメージしています。

一番お気に入りの海をイメージしてみてください。

太陽神と水の女神の共演です。


テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/02/11(月) 15:09:14|
  2. 男神の肖像

カムイ

カムイ

wikiより

カムイ(kamuy, 神威、神居)は、アイヌ語で神格を有する高位の霊的存在のこと。
アイヌ民族の伝統的信仰は日本神道に近いとする説もあり、その場合多神教に分類される。
カムイが日本語のカミと共通起源の語彙であるとする説もある。

日本語の「カミ」と同様、「霊」や「自然」と表現してもおかしくない。
(キリスト教の神のような唯一絶対の存在ではない)
日本神道の「八百万の神」も、アイヌの信仰文化と同様の「アニミズム」の特徴があるという説もある。


男の子のモデルは、私の息子です。

8月頃より療養中。。。
学校にはぜんぜん通えていませんが
起きている時は、家で小説を書いたりして過ごしています。

どうやら北海道や東北に縁があるらしく
SNSで知り合う人たちは、みんなそっち方面の方たちばかりみたいです。
家族でも、魂遍歴はいろいろと違っているのかもしれないですね。
彼らはみんな、カムイ仲間かもしれないね。


「大神」は、息子の好きなゲームのひとつです。

カムイのステージもあるそうで。
曰く「隠れた神ゲー。ぜんぜん隠れてないけど!(*´∀`*)」

大神犬1

以前から「オオカミ描いて~」とリクエストしてくれてたので

大神犬2

この前描いた狼さんをアマテラスたんにしてみました。


どう?

やっつけでスミマセン。(´∀`)ゝ”

子供たちに大ウケでした。

-------------

大神 BGM Reset~ありがとうバージョン~


テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/02/09(土) 16:37:57|
  2. 男神の肖像

スクナヒコナ

スクナヒコナ

出雲の国造りの神・スクナヒコナさんです。

神話では、大国主命さんといっしょに国造りをしたと伝えられています。 ヽ(・∀・)人(・∀・)ノ♪

wikiより

スクナビコナ(スクナヒコナとも。表記は少名毘古那、須久那美迦微、少彦名、少日子根など。)
日本神話における神。
『古事記』では神皇産霊神(かみむすびのかみ)の子とされ
『日本書紀』では高皇産霊神(たかみむすびのかみ)の子とされる。


2011夏出雲大社4

出雲大社では、亀さんに乗っています。
この像、すっごく可愛いよね♪

いつか絵にしてみようと思ってたのです。

可愛すぎましたか?
私の趣味です。 (//≧▽≦//)

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/02/08(金) 22:35:48|
  2. 男神の肖像

ヤマトタケル

ヤマトタケル

白鳥王子です。

ヤマトタケルさんを描いてみました。

WIKIより・・・

『日本書紀』、『先代旧事本紀』では日本武尊
『古事記』では倭建命

またの名を日本童男・倭男具那命(やまとをぐな)ともいった。

『尾張国風土記』逸文と『古語拾遺』では日本武命
『常陸国風土記』では倭武天皇
『阿波国風土記』逸文では倭健天皇(または倭健天皇命)と書く。


伊吹山は、初めてスキーしたところ。。。
・・・って、滋賀以北の山はみんな、スキーで行ってるわ。
スキーでしか、行ったことないわ。(´∀`)ゝ”
日本全国の山を知りたくなります。

2013目神山5

背景は実は、わりと近所の山です。
西宮市にある、瀬織津姫さん縁の目神山(女神山)です。
この場所が、いかにも白鳥が飛び立って来そうなところに見えたので。。。

私の勝手な想像ですけれどね。 (´∀`)ゝ”

詳しくは、こちら。↓

目神山でゆるゆる散歩~ U・ω・U
http://ruri87.blog18.fc2.com/blog-entry-929.html

なかなか良い感じに見えませんか?


テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/02/07(木) 15:25:22|
  2. 男神の肖像

スサノオ

スサノオ

出雲神話のヒーローを描いてみました。

スサノオ(スサノヲ、スサノオノミコト)さんです。

『日本書紀』では、素戔男尊、素戔嗚尊等
『古事記』では、建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと、たてはやすさのおのみこと)、須佐乃袁尊
『出雲国風土記』では、神須佐能袁命(かむすさのおのみこと)、須佐能乎命


大国主命さんとは、まったく違った雰囲気になりました。

う~ん、、、難しいね。。。

子供の頃に、ヤマタノオロチの絵本を読んでいて
子供の頃から憧れていた男神様でした。

強くて、優しくて、お父さんのような大きなイメージを持っています。

(*´∀`*) 大好き。


テーマ:スピリチュアル・ライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2013/02/06(水) 13:54:16|
  2. 男神の肖像

大国主命(おおくにぬし)

大黒様

出雲神話のヒーローを描いてみました。
背景は、宍道湖の嫁ヶ島です。
とても夕日が綺麗な湖です。

大国主命(おおくにぬし)さんです。またの名を大黒さま

またの名を・・・って、他にも多すぎなので
wikiに出ている名前をそのままコピペします。

大国主は多くの別名を持つ。
これは神徳の高さを現すと説明されるが
元々別の神であった神々を統合したためともされる。

-------------------

・大国主神(おおくにぬしのかみ) - 大国を治める帝王の意
・大穴牟遅神(おおなむぢ)・大穴持命(おおあなもち)・大己貴命(おほなむち) - 大国主の若い頃の名前
・大汝命(おほなむち)-『播磨国風土記』での呼称
・大名持神(おおなもち)
・八千矛神(やちほこ) - 矛は武力の象徴で、武神としての性格を表す
・葦原醜男・葦原色許男神(あしはらしこを) - 「しこを」は強い男の意で、武神としての性格を表す
・大物主神(おおものぬし)
・大國魂大神(おほくにたま)
・顕国玉神・宇都志国玉神(うつしくにたま)
・国作大己貴命(くにつくりおほなむち)・伊和大神(いわおほかみ)伊和神社主神-『播磨国風土記』での呼称
・所造天下大神(あめのしたつくらししおほかみ)- 『出雲国風土記』における尊称
・幽冥主宰大神 (かくりごとしろしめすおおかみ)
・杵築大神(きづきのおおかみ)


-------------------

イメージと違っていたら御免なさい。

男神様はね、、、
やっぱり描いていると、いつのまにか自分好みの容姿になってしまいます。

不思議ですね。 (*´∀`*)ポワワ

そして、どこか自分の身内の人間にも似ています。
10~20代の頃の弟たちに、どこか似ていたり。

息子もこんな感じになるのかな。
楽しみだな~。

いえ決してそんなにイケメンではないですが
雰囲気的なものが似ているとでも言えばいいのかな。
うまく言えないけれど。。。

たぶん、私が描く男神様はみんなこんな感じになります。 σ(^◇^;)

若かりし頃の姿ということで、オオナムヂさんということにしておきましょう。

大黒様ひげ

ひげバージョンです。

髭はあったほうが、威厳に満ちていて男らしいのかもしれませんが
私自身は、ないほうが好みです。^^;
今のところ、現代的な感覚でしか見ることが出来ません。

髭があると、イメージが変わりますね。
やっぱり、あるほうが正解なのかな?

どちらがお好みですか?

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/02/05(火) 00:02:36|
  2. 男神の肖像
前のページ