FC2ブログ

瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

ホピ丸十字とキリスト意識

アメリカ先住民「ホピ族」の予言を伝える、ランド・アンド・ライフの辰巳玲子さんと、
ヨーロッパ精神史研究所の小林直生先生にお会いしました。

こちらが辰巳玲子さんの
Land and Life(ランド・アンド・ライフ)です。

1986年に製作されたドキュメンタリー映画「ホピの予言」公開に伴い、
監督の宮田雪氏を代表とし、翻訳家・北山耕平氏の協力を得て、非営利団体として発足されました。
ネイティブ・アメリカンのホピ族をはじめとする地球に植え付けられた伝統的な人々ー地球人ーの、
自然(ナチュラル)にそった、質素(シンプル)で、精神的(スピリチュアル)な暮らし方や文化を再生させ、
大地と生命のふたつをあわせて守っていくことを目的とされています。


ホピのシンボル@辰巳玲子さん
(シンボルはLand and Lifeよりお借りしています)

いまとても知りたかった先住民族と宗教のお話です。
シェアして頂ける機会に恵まれて、とても感謝しています。

小林直生先生は、北海道札幌市のご出身。
24歳でドイツに留学されて、以後、23年間シュタイナーを学ばれたそうです。

シュタイナーの「キリスト社共同体」の牧師・司祭を務められ、
帰国してからは東京にコミュニティをつくったり、2009年には大阪にも建てられたそうです。

「キリスト社共同体」とは、信仰を前提にしないキリスト教会のことで
教義もドグマも存在しないそうです。

シュタイナーの神智学から継承された
キリスト教のなかの神秘思想について教えて頂きました。

それはどうやら、アメリカ先住民の「ホピ族」の生き方にも通じるようです。

ホピ族は、自分たちが世界のひな形であると、「未来へ続く道」を「予言」に込めて伝えてきました。
ホピの長老たちを後継していく若い先住民は年々減っていってる現状のようです。

キリスト教は世界で最も信者の多い宗教ですが
コミュニティもいろいろで、一概に一括りにはできません。

宗教の名のもとに、ローマン・カトリックは、カタリ派を異端とし、
フランス・モンセギュールで大虐殺。1000人を火刑にしたという史実もあるようです。

アメリカに入って宗教教義を掲げた白人たちは、
先住の「ホピ族」を含むアメリカインディアンを大虐殺しました。
先住民族は精神の自由をキリスト教よって奪われたのです。

キリストはそれを望んだのでしょうか?
キリスト意識とはいったい何なのでしょうか?

誰もが疑問に感じると思います。

日本人は古神道(八百万の神)とともに在る
と思えば、なおさらに・・・・

辰巳玲子さんは、映画「ホピの予言」の上映会をポーランドで開催したことがあるそうです。
ポーランドでは、アメリカインディアンフェスティバルが42年間も継続して開催されてきたそうです。
そこでの「ホピの予言」上映会は、現地で鑑賞した多くの方が感銘を受けられた、
素晴らしい上映会となったようです。

どうしてポーランドなのでしょうか?
そこにはインディアンはほとんどいないけれど、キリスト教国に馴染めない人たちが
ホピ族のことを知って、集いを持つことで共鳴が生まれていくようです。

ホピの教えや生き方は、アウシュヴィッツ=ビルケナウ・ナチス強制収容所の記憶を
刻み込まれて生きてきたポーランドの人々の心には、深いところまで響いていくようです。
辰巳さんのお話に触れていると、心に温かいものが広がりました。

シュタイナーは4世紀にキリスト教は無くなったと言います。
東ローマ・ビザンチンが国教にしたために、本来の「キリスト意識」というものは消えてしまったと。

宗教は「愛」そのものであるのに「正義」を言い出したら、そこから殺戮が始まっていく。

福音に献身する人たちのことを、「キリスト教原理主義」と呼ぶそうですが

福音派(evangelical)
=古代ギリシャ語でεὐαγγέλιον(エヴァンゲリオン)

「正義の女神」の名のもとに牧師たちは、インディアンを殺していきました。

人間は孤独だと感じるとき、霊的な支えが欲しいと望みます。
ほんとうの「愛」を知るために、これまで彷徨ってきたのですよね。

Ilove you =自分と異なる存在を引き寄せます
Ilike you =同質だから好きですが異質であれば別れます


自分と他者との違いを、喜びとして受け入れること。
それがほんとうの「愛」なんだ・・・と、小林先生は仰います。

私も以上のお話を聞いたときに、心の底から頷けました。

様々な宗教が生まれていっても、みんな自由です。
ひとりひとりの孤独が愛に包まれたら、犠牲もないはずです。

そんなキリスト意識を、普遍的に伝えていったもの。繋いできたもの。
これからも続いていくもの。神宿るもの・・・
それがシンボルでした。

丸十字

島津の丸十字・ケルト十字・太陽の十字架・・
ほかにもいろいろ、精霊と共存する、神道に触れる
小泉八雲の世界でもあります。

精霊・自然霊は、底辺に在りながらも、もっとも高いところに繋がっています。

高みに昇るなら下っていけとも言います。

エメラルドタブレットという石板に刻まれた 
『上なる如く下もまた然り』

そのメッセージも、シンボルに秘められているのかもしれません。

ずっとシンボルの作用は働いてきたということですね。

「キリスト意識」に繋がる人たちは、このシンボルを畏れ敬いながら生きていたようです。
納得させる力があるのでしょう。

ヨハネの福音書・第20章

わたしは、わたしの父
またあなたがたの父であってわたしの神
またあなたがたの神であられるかたのみもとへ上って行く


このメッセージは、

『どこにでもいるんだよ』
『いつも共にいるよ』


いつも「キリスト意識」が包むよ
孤独ではないんだよ・・・


そんなメッセージです。

私がカタカムナやホツマツタヱに出会って、気付いて、教えて頂いたこと・・・
ヨハネはまた、「言霊48音」でもあるということです。

キリスト意識(グレートスピリット)は、シンボルによって普遍的に伝えられてきました。
それにより、人類のあらゆる言語によって理解できるものとなり
全世界の言葉で認識されうる存在となりました。

聖霊降臨祭(ペンテコステ)のはじまりは、48音が鍵だったとも言えると思います。

孤独から生まれた宗教の時代を経験し、あらゆる違いを乗り越えて
ほんとうの愛を広げていくとき

まったく新しい人類文化が花開いて、創造性の花が咲き誇るとき

「キリスト意識」は人類普遍のものとなり、そのとき私たちは太陽の光を受けながら
アルカイックスマイルを浮かべて、歩いていることと思います。


白鳩
(白鳩 2010年10月皇居千鳥ヶ淵で撮影)



テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2018/11/30(金) 19:31:21|
  2. 未分類

モフモフゆきおとこ

モフモフゆきおとこ

もう先週のことになりますが、日帰りで出雲の実家に帰りました。
途中の勝央SAに立ち寄った際に、かわいいお菓子を見つけたので、つい買ってしまいました。

その名は、モフモフゆきおとこ。

「少年アシベ」のイエティにそっくりです。

ラブリィ~♪ (≧▽≦)

チョコでコーティングしたクッキーで、ココナッツがまぶしてあります。
美味しく頂きました。
岡山県津山市の銘菓です。

津山といえばサムハラですが、
雪男伝説が生まれつつあるのでしょうか。
中国山地だから、ヒバゴン伝説がモチーフか。
ビッグフットか。

・・・なにが出てきても、
たいして驚かないかもしれません。

サムハラ龍神のマジックかもしれないですね。

2006年8月7日、丹波市山南町では
丹波竜(たんばりゅう)が発見されています。

丹波地域恐竜化石フィールドミュージアム
https://tamba-fieldmuseum.com/

古層から地下から、向こう側からやってくる。
私たちはニコニコしながら向き合えばいいんだと思います。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2018/11/29(木) 15:32:17|
  2. 美味しい創造♪

謡曲 『西王母』

西王母

そもそも、芸能とは、諸人の心を和らげて、
上下の感をなさんこと、寿福増長の基、
遐齢延年の法なるべし。

きはめきはめては、諸道ことごとく、
寿福延長ならんとなり。

『世阿弥 風姿花伝第五奥義』



昨日は観世流シテ方(梅若派) 
能楽師・井上和幸先生主催の発表会でした。

私は今年の1月から、西宮の友人宅で
井上先生より謡と仕舞を教わっています。

緑幸会
https://www.ryokukohkai.com/

梅若

はじめての発表会で
舞台に立つのはドキドキでしたが
おおむね成功です。(^o^)

『西王母』は難しい・・・
でも、この謡は覚え甲斐があります。

もっと上達していきたいです。
新たな目標が芽生えました。
清々しい達成感に包まれました。

稽古をつけてくださった井上先生、
お世話になりました緑幸会の皆さま
ありがとうございます。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


福知山は明智光秀公ゆかりの能楽の故郷です。
紅葉で山が色付き始めています。

緑幸会1

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2018/11/26(月) 20:31:47|
  2. まいにち創造♪

船瀬俊介さんの『医・食・住の真実』 @姫路

2018姫路城1

今日は人生行路の変換だ!未来を変える
『医・食・住の真実』 part.2


船瀬俊介さんの講演会に行ってきました。

会場は姫路市市民会館で姫路城のすぐそば。
ということで早朝、姫路城の周辺を散歩しました。

2018姫路城2

2018姫路城3

せっかくの銀杏並木なのに、撮り忘れていました。
城下町はゴールデン・ロード。
祝日で公園も賑わっていました。

-----------------

船瀬俊介さんのお話をお聞きしたり
対面してそのひととなりに触れたりは、初めてでした。
動画や本は、これまでたくさん拝見していましたが
男気がある御方だなぁ~と、あらためて感じさせられました。

船瀬さんが正々堂々と、これまで発言・発信されてきたことで
隠されてきた真実を知る人が増えました。
聞いた人たちが感銘を受け、伝える側にまわっていく。
その動きに賛同している人たちが、また輪を広げていく。
ものすごいエネルギーですよね。

最近の気になっていた話題にも触れてくださり
いつもよく勉強されているんだなと恐れ入りました。

私も自分の立ち位置から
これからもできることをやっていきます。

船瀬books

これから読んでみようかと思ってる船瀬さんの本。
気になるラインナップです。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2018/11/23(金) 23:37:06|
  2. 散歩(その他)

Official髭男dism - FIRE GROUND



Official髭男dismが歌う「FIRE GROUND」

Official髭男dism(ひげだん)は、山陰出身の4人組ロックバンドです。

TVアニメ「火ノ丸相撲」のOPテーマです。

日ノ丸相撲

主人公の潮 火ノ丸(うしお ひのまる)は
=相撲の神様・野見宿禰(のみのすくね)
&スサノオがモデルじゃないかな?
髭男は猿田彦。

PVの背景はLAの磐座でカッコイイです。

応援したいと思います♪\( 'ω')/


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2018/11/19(月) 23:43:19|
  2. 動画

まこもをお茶にして飲んでみた

まこも茶1

神河町でつくられた真菰(まこも)です。
上森三郎さんとお親しい方から、御裾分けで頂きました。
いつもありがとうございます。\( 'ω')/


乾燥したマコモを、しばらく部屋に束ねて掛けて、
観賞用として楽しんでいたのですが

今日は朝から喉の調子がおかしいので、
煮出して飲んでみることにしました。

(喉に良いのかは不明です。潤いが欲しいという感じ)

マコモ茶です~。

まこも茶2

ミルクパンに刻んだマコモを入れて
水からぐらぐら煮出して
急須に注ぐ・・・

まこも茶3

綺麗な草色です。
クセが無くて、ほんのり甘くて、
とても飲みやすいです。

これは秋から冬の季節の変わり目にも
良さそうな感じです。

美味しく頂きました。
ありがとうございます。

古代から親しまれてきた植物が
静かに復活を遂げて行ってます。
これからとても楽しみです。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2018/11/15(木) 10:39:46|
  2. 美味しい創造♪

1111live U。・ェ・。Uノ~ ♪

11月11日シークレットライブ告知 | とわをうたう愛の詩 by MARTH


MARTH Beautiful Healing Music

オーケストラ73人と48人のコーラスをバックに
MARTHさんが謳われるliveレコーディングなのだそうです。

1111 わんわんわんわん♪  U・♀・U

MARTH Secret Live Recording MINORLINE - The Road to the East

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2018/11/11(日) 07:42:20|
  2. お知らせ

ヴァイオリニスト・宮﨑陽江さん @1117御影コンサート

宮崎陽江コンサート1117

宮﨑陽江
無伴奏ヴァイオリン・サロンシリーズ
~シャコンヌの系譜~

2018年11月17日(土)
13:30開場
14:00開演
¥4.000(学生¥3.500)

世良美術館
神戸市東灘区御影2丁目5-21

公式サイト
http://www.yoe.jp/

世界各地で演奏されているヴァイオリニスト
宮﨑陽江さんのコンサートが神戸の御影であります。
ヴァイオリンの響きのひと時、一緒にひたりませんか。

この日は、ホツマツタヱ研究家の宮﨑貞行先生も来てくださいます。
終演後はティーサービスがあります。
皆様のご来場を、お待ちしています♪

Yoé Miyazaki DVD series digest part1


Yoé Miyazaki DVD series digest part2


宮崎陽江 (ヴァイオリニスト)violoniste
------------------------------------------------------------
ニューヨーク州イタカ市生まれ、幼少期をパリにて過ごし、3歳よりヴァイオリンを始める。
桐朋学園高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部演奏学科卒業。
その間、堀正文、山口裕之、江戸純子各氏に師事。同大学を卒業と同時に
全額奨学金を得て米国タングルウッド音楽祭(小澤征爾監修)に参加。
後、ジュネーヴ高等音楽院に留学、名匠ジャン=ピエール・ヴァレーズ氏に師事。
在学中、室内楽をガボール・タカーチ、モダン・バロック両楽器を
ハンス=ハインツ・シュネーベルガー氏の元で学ぶ。
1997年、同音楽院をプルミエ・プリ(一等賞)にて卒業。
これまでにスイス、フランス、スペイン、オーストリアなど、
ヨーロッパ各地での演奏会、国際音楽祭に多数出演、また、
ソリスト・ド・ジュネーヴ、ジュネーヴ室内管弦楽団、ブドヴァイス管弦楽団、などと共演を果たす。
日本では札幌コンサートホールKitara(07年~)、銀座王子ホール (08年)、カザルスホール(09年)、
浜離宮朝日ホール(10~12年)などでリサイタルを行い、好評を博す。
2008年よりオクタヴィア・ジャパンから4枚のCDをリリース。
更にはスイスと日本を拠点としたスタイルを生かし、音楽の源流、
作曲家の足跡を求めてヨーロッパ各地を取材・撮影したDVDシリーズで、ナヴァラ交響楽団、
チェコ・フィルハーモニー管弦楽団と共演するなど、多方面で活動を展開。
2010年から2012年にかけては、師であるジャン=ピエール・ ヴァレーズらと
ピアノ五重奏「YOE's Project」として活動。ヨーロッパ各地にてコンサートを開催し、
フランスの優れたピアノ五重奏曲の発掘、録音を行っている。
2013年に予定されている公演では、パガニーニ「イ・パルピティOp.13」
(ヴァイオリン+オーケストラ版)を日本で初演するなど、隠れた名作の紹介を積極的に行い、
オリジナルに根ざした音楽文化の普及・発展に取り組んでいる。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2018/11/10(土) 17:44:15|
  2. お知らせ

アンネのばら

アンネのバラ教会1

西宮市甲陽園にある
アンネのバラの教会
(アンネ・フランク資料館)に立ち寄りました。

昨日は近くを通りかかったのです。

この近辺で学生時代を過ごしたのに
歩いて訪れるということをしなかったのに
こんなタイミングで歩いています。

この町の知らないところは
離れてまた戻って来てから気付かされています。
大体そんなものかもしれません。

アンネのバラ教会2

アンネのバラ教会3

暖かい色味のバラを見ていると
広がっていく花びらのように
この世界が光で満ちていくイメージが湧いてきます。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2018/11/09(金) 08:05:41|
  2. 散歩(神戸)

神在月 (オリジナル和歌)

出雲12月8


星草を  恵む日月も  ゆかしきを  舞う鳶嬉し  神在りの空








テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2018/11/03(土) 12:56:24|
  2. こころの歌・覚書
前のページ 次のページ